2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

健康

2016年9月25日 (日)

大腰筋痛?に中心帰納


やっと舌の口内炎が治りました。
いつも、こういう炎症系というか、
痛み系というか、その手のものに罹ったとき、治り曲線を自分なりに時間の経過に沿って観ていると、炎症度がピークになった次の瞬間、微かに、ほんの微かに緩んだな感じるや否や急激に良くなる。あれだけ何日も苦しんだのに、本当にそう感じて数時間で劇的に。なんか不思議です。

今回口内炎で苦しんでいる間、もう1つ痛みが現れました。
左下腹部の違和感と、下腹部の内臓の鈍痛と、その合間に現れるチクチクするという矛盾した痛み、、、
あー、遂に僕も内臓疾患か?!
前立腺炎の仲間入り?
と覚悟しました。
下腹部に手を押し込んで内臓を触ってみると、何か硬いものがある。そしてそこから肋骨までその硬いものがあり、特におへその横辺りが硬かったのでそのまま体をくの字に曲げて、強く押してみた。そうするといつものクセで、そのタイミングで中心帰納をしたとき、その硬かったものが溶ける感じ。。
その後下腹部の鈍痛とチクチク痛が、まったく無くなった。よくよく考えればそこは大腰筋だ。その大腰筋が、緊張か拘縮かしていたのだ。大腰筋が原因で腰痛が起こることは知っていたが、こんな内臓の痛みのような感じにもなるとは、想像外だった。
でも、いい勉強になった。
そして、クラニオバイオの時にも自然にやって効果があった中心帰納が、自分の時にも効果があるということも改めて痛感した。

つくづく中心帰納、、つまりはニュートラル感は潜在的な能力というか、その時の最善の状態を喚起させる。


間違いない。

2016年3月 2日 (水)

足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、

先日、某テレビ番組で、前屈をする時、柔らかくするのに一番効果のあるものは

何かというクイズをやっていた。

結果は下記のとおり、

1位:ゴルフボールを踏む

2位:ニャーと言う

3位:指を順番に回す

4位:ティッシュを奥歯で噛む

そもそも即興で前屈が柔らかくなることに何の意味があるのかが分からない。

裏側の筋肉が柔らかくなることで健康が促進されると言うなら、

姑息な手段で柔らかくするのに意味があるのか。

前屈が堅い柔らかいというのは、筋肉の質やその行為への意識により、

あきらかに個人差がでる。

何か特別な身体操作のために、現状より柔らかくする必要があるのであれば、

根本的に筋肉を柔軟にするトレーニングなり、身体教育が必要なのではないかと

考えるのですが、いかがでしょうか。。

ま、屁理屈は置いといて、、


この結果をみて何か言いたいか、大体想像はつくだろう。

以前からこのブログで紹介している、チョー個人的な健康促進行為の

足裏コロコロの絶大なる効果を、ある意味証明している。

何度も言っているが、お勧めは円柱というか、木の棒(直系6cmがベスト、、主観)です。

なぜなら、ゴルフボールのような球状のものは、点での圧が加わるので、

ハッキリ言って痛いんです。

椅子にすわって踏めばいいじゃん、、などと言うなかれ!

立って二つの円柱で足底を交互に前後させるコロコロに意味があるのです。

カカトを床につけるときはその側に体重を移動させます。

またこの体重移動が後に紹介する運動に関連していくのです。

その時は、円柱が前に滑り出ないように5本の指が自然に円柱を噛むような形になります。

つまり、点での刺激ではなく、線で刺激なので痛みは少なく、

ソバ生地を棒で広げるように足底筋が伸びるのです。

そして同時にフクラハギのストレッチになるのです。


余談ですが、

別の健康番組で、心臓の負担を軽減するために、お医者さんが進める健康法の

1つに、フクラハギの運動というのがあった。

また、以前何かのインタビュー記事に、どこかの長寿の大学教授が長生きの秘訣で、

朝起きたときに寝床で足裏が熱くなるまで木槌で結構思いっきりたたくというものがあった。

いよいよ、この足裏コロコロはチョー個人的なものにしておくのは勿体ない。

足裏コロコロ情報 まだまだ続きます。

2016年2月22日 (月)

甘酒の効用


甘酒と呼ばれるものは、世の中に2種類ある。

1つは、酒を造った後にでる酒粕の煮て、砂糖と生姜をいれて作るものと、

もう1つは、麹から作るものだ。

今回の甘酒は後者のもの。

この米麹から作られる甘酒を定期的に作って飲んでいる。

もう飲み始めて5年くらいになる。

それにプラスして、ヨーグルトR-1を無調整牛乳1リットルで培養して混ぜて食している。

簡単にそれを可能にしているのは、タニカ製ヨーグルトメーカーのおかげだ。

久しぶりに、改めてamazonで値段を確認してみると、驚いたことに8000円位している。

何かの間違いだろうと価格COMをみても結構値段が高い。

5年くらい前に買ったころは5千円前後だったような記憶があるのだが、

ここ最近需要がたかまったからなのか値段が高騰しているような気がします。


話をもどして、

僕がこの甘酒に目をつけたのは、

健康維持のための最大公約数的健康食品は発酵食品であり、

その一番、安全で、安価で、効果の高いものが甘酒だと結論づけたからです。

最近流行りの酵素にしても、書き出したらキリがないけど、

この麹の酵素で十分なのだ。

それに何よりも、生きている食材なのだ。

ウエイトをガンガンにやっている時は、メガビタミン主義だった。

食物から抽出した単一栄養素を、大量に、多種類、エサのように胃に運ぶ

作業がバカバカしくなったのだ。

かといって、食事のバランスの完成度を厳密に考え始めるとキリがない。

いくつかの決まりというか習慣をつくった。

その一つが、甘酒の常食なのだ。


この麹の発酵食品は、日本古来から根づいた食習慣で、

味噌、醤油、漬物に日本人に適したものでもあり、

なにより、作るのが簡単なのだ。


サッと書くと、

①ネットや、大手スーパーで米麹を買ってくる。(もたせるなら冷凍しておく。)
②炊いたお米、玄米、どちらでも100gほど柔らかいお粥状にする。
③タニカの容器を煮沸する。
④②のお粥を手で触って少し熱く感じるくらいの温度に冷ます。
⑤常温に戻した①を混ぜる。
⑥タニカの容器に入れて、ネットなどでは50度から65度など幅のある温度設定で
 書いているが、自分はいつも60度に設定して、そのまま8時間セットする。
⑦8時間後甘酒化したものを冷蔵庫に入れて冷ます。

これで完了です。あとは冷蔵庫の中でさらに熟成して、少しづつ甘みが増してきます。
1週間位経ち、少しづつ酸味が出てくれば
植物性乳酸菌が増えてきた証拠で、さらに効用は増すという感じです。

あくまでも、雑菌が増えないように出来るだけ、清潔なスプーンスプーンですくい取るようにします。

僕の場合は、

これだけに飽き足らず、

別のタニカの容器で、R-1ヨーグルトを培養して、一緒に食べています。

ついでにその培養方法も書いときます。

①容器を煮沸消毒します。
②煮沸消毒したお鍋の熱湯に1リットルの無調整牛乳をつけて温度を上げときます。
 自分の体温より少し温かいくらい。
③容器にR-1(固形と液体タイプどちらでもOK)と牛乳を混ぜる。
④43度に設定して約10時間おく。
⑤冷まして冷蔵庫に。

こんな感じです。

300円位で10日分くらいのR-1を得たことになります。
得した気分にもなれます。

このお陰か、

風邪も、インフルも、お腹の風邪も、とんとひかなくなりました。

気のせいか、花粉症もほとんどなくなりました。

お試しあれ!

2016年2月 7日 (日)

足裏コロコロ③

究極の健康促進器具はなにか、我が出すぎて何か嫌な感じでス、、

というご意見があったので、

取り下げて、

足裏コロコロの表題に変えることにします。

究極の、、、②の続きなので、③もいれました。


まずは汚い足ですが、その様子をUPしたのでご覧ください。


これは、初級です。

偉そうなことを言ってますが、

まだ、たくさん種類があるので、そういう位置づけにしました。

これだけでもかなり効果がある、、、ハズです。

なぜなら、その効果は青竹ふみの効果そのものだからです。

以下は、青竹ふみの効果のパクリです。

↓↓↓

①健康づくりはしたいけど、毎日続かない人向き。
②仕事の合間に、お風呂上がりに、歯磨きしながら、ちょっとテレビを見てる間に出来る。
③足裏の血行をよくして冷え症や足のむくみ、ダイエットやメタボ対策になる。
④昔から健康の源泉は足の強化からといわれている。
⑤老化も足の衰えからくる。
⑥毎日仕事が忙しいサラリーマンの方や、家庭の主婦の方まで幅広くできる。


じゃー、青竹ふみでいいじゃないか、、と思いますが、

僕自身は、

この足裏コロコロの方が、効果が高いと感じています。

その一つの理由は、上の動画を見直していただければわかると思いますが、

ふくらはぎが伸びて、踵が床に着くとき、

自然に足の指側が円柱を掴むような形になっているのが

分かると思います。

それがマッサージ効果だけでなく、床を噛む足の力を促進しているのだと

考えてます。

そして、それがフクラハギのストレッチ効果をより高めているのです。


そして、ここから応用が出来て、全身のエクササイズの展開を観ることが出来るのです。

ライバルは青竹ふみにあらず、

ストレッチポールなのです。

そこら辺はまた、次の展開で紹介いたします。

2016年1月28日 (木)

究極の健康促進器具②

前回の続きです。


なぜ究極というのか、

少し大げさですが、まずはとにかく

約30年も続けていて、手放せない存在になっているからです。

そして、シンプルであるが故に、いろいろな展開ができて、

本当に効果があるのです。


チャント数えていないのですが、

今までに、おそらく30種類位の方法を活用してきています。

つまり、足裏の足底腱筋だけにとどまらず

全身の調整や体調管理、ストレッチ補助、肩こり、頭痛、腰痛など

日々利用しているのです。

ポイントは下記のとおりです。


①足裏のコロコロからスタートする。

②①のスタートからスクワットのエクササイズに移行します。

③一般のストレッチにこの円柱をプラスしてより効率を上げる。

④自分の体重、この円柱、そして筋肉と骨と関節の構造、
 この3つを利用してさまざまな体勢で痛みを脱感作する。


②~④に関しては、別でまた説明するとして、

①に関しての効用は、いくらでも他のWEBで説明がされてます。

読んでみてください。

↓↓↓
http://www.yoshino-seikei.jp/leg.physiology.html

http://www.asinaka.jp/function.html

http://www.ashiuratengoku.co.jp/003file/13/index.html

これらの記事を見てみると、
足裏を整えるだけで、人生がばら色で、いろいろなことが好転するような
気分になってきます。
中には、ダイエット効果まであると言ってます。

でも、ここで紹介する足裏コロコロはそういう効果のエビデンスを取ったわけでもなく、
コミットなどは出来ません。

でも、間違いなく同じ効用があるだろうと考えます。

僕は、毎日朝の時間にテレビを見ながら、そして合氣道などの稽古に行く前に
必ず足裏コロコロをしています。

このコロコロだけだったら、5分もやれば十分です。
人によっては、痛いかもしれません。
足の裏からポカポカと暖かくなってきます。
足底腱筋に連動してふくらはぎの筋肉の運動にも当然なります。
慣れてくるととても気持ちく感じます。
そして、大体その5分くらいで飽きてくるのです。
だから、そのくらいで十分なんです。


同じ動画ですいません。
↓↓↓



もし同様の円柱がある場合は試してみてください。
できれば、足を交互にコロコロしてください。
動画の最後の方でやっているスクワットなどは慣れないと、
後ろに転んで後頭部を打ってしまう可能性もあります。

お気をつけて!!

2016年1月27日 (水)

究極の健康促進器具

以前から、合氣道の稽古で気になっていたことがありました。

対峙する相手を崩して、何らかの手段で投げるとき、

軸に粘りを感じる人と、そうじゃない人、、つまり

呆気なく倒れてしまう人がいる。

逆に仕掛ける人の様子を見ていて、

なにかバランスが悪い人、軸がぶれている人、偏っている人がいる。

当然個性なので、いろいろな人がいる。

様々な要因もあるでしょうが、一つの要因として、

何か足の指でチャント畳を噛んでいないというか、

足の裏の機能をチャント活かしていないというか、

そんなことを考えるに至りました。

おそらく、昔の人は畳の生活、裸足の生活をしていたので、

その機能を十分に生かして生活していたのではないかと想像します。

合氣道などの畳で稽古をすることは、本来であればその機能を賦活させる

週に1回から数回では活性させるのに

少し時間が足らないかもしれません。


では自分はどうなのかというと、

実は少し自信があります。

いわゆる、足底腱筋はすこぶる柔軟であり、

畳への密着力に関してもナカナカものです。

そこまで言うには理由があります。


先日 ふと気づいたのですが、

あまりにも前からなので、正確には覚えていないのですが、

もう30年弱も前から続けている健康促進器具を活用しているのです。

最初はコーラの瓶でした。

いつの間にか、ホームセンターで円柱形の木材を二つ買い

それ以来、ほぼ来毎日欠かさず続けているのです。


続けている理由は、ただそれをやると気持ちが良いということと、

疲れがとれるという理由それだけです。

やり方もバリエーションが増え、腰痛などの時もそれをやると

瞬時に回復するのです。

少し長くなりそうな感じがしてきましたので、

次回に続きを書くことにいたします。

どんな感じか、動画取りましたのでちょっと見てみてください。

左肩の道着の破れはご愛敬ということで、、、

では。