2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ここの合気道の稽古はカウンセリングそのものでもある。 | トップページ | 不思議な感じの出来事そして日曜の稽古 »

2016年8月31日 (水)

明日の稽古と最近の所感


明日9月1日の稽古もいつも通り、
新宿スポーツセンターにて、
20時〜22時まで、

さて、
最近の稽古の内容は、
全ての立ち居振る舞いの中に
中心帰納と、腰回しを入れるという
ことを意識してやっている。

平たく表現すると、中心帰納とは
平常心のことだから、
練習する土台としては、
エゴが湧き出る環境にして、
その状況でいかに平常心に戻れるかという
という観点でやる。

そのエゴの湧き出る土台というのが、
型稽古ということだ。

よくよく考えると、
いままでも外側だけでみると
同じことをやってきた。
他武道、他流でも同じことをやっている。

でも、先ほどの観点で見ていくと、
全く質が変わる。

例えば、
上手になるために、
技が出来るように何回も繰り返す。
当然、上手になれば気持ちがいい。
でも、そこだけを見ていると、
それ自体がエゴとなる。
大切なのは、そのプロセスでおこる
自分の中の変化を感じることなのだ。
そこを繰り返した結果、外側も上手になる。

やっている時、自分は何を感じて、
思考して、やっているのか?
目指すは、なにか_?

相手は関係ない、自分を直していくだけだ。
鏡となる相手は、自分そのもの。

怒りや焦燥感が出るのであれば、自分の問題だ。

ネガティブな感情が出てきているなら、
自分の思考がそう仕向けている。
傲慢になってはいけない。
謙虚でいるべきだ。

決して、方法論を教わっているのではない。
その場を共有しているだけなのだ。
もし、何か知識を満たしに行っているのであれば、それは、無限に、果てしなくつづく、
不完全性を強化しているだけだと気づかなければならない。
無限地獄なのだ。

護身術?格闘技?
ここでの稽古はプロセスにおいては、
強さは求めない。
上手さも求めない。

深さを、もとめるのだ。

だから、護身術でも、格闘技でもない。

でも、ある程度熟した時、
トータルな意味で最強になる。
そして、普段からの立ち居振る舞いも
楽になる。

大体のことが、

” わかる ” ということなのだ。

わかるかな?

« ここの合気道の稽古はカウンセリングそのものでもある。 | トップページ | 不思議な感じの出来事そして日曜の稽古 »

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/67276661

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の稽古と最近の所感:

« ここの合気道の稽古はカウンセリングそのものでもある。 | トップページ | 不思議な感じの出来事そして日曜の稽古 »