2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 凄い出来事、会得するプロセス。そして次回稽古のお知らせ。 | トップページ | 打撃の考察 そして今週の稽古のお知らせ »

2016年5月10日 (火)

ギリギリのところで得られるモノ。そして次回稽古のお知らせ

生死のギリギリのところで、得られるモノというのは、

多分にある。

あるハズだとはあやふやな表現ではなく。

断定的に”ある”と書ける。


頭の固い格闘家や武道家の人達は、競技のことを想像するだろうし、

もう少し、シビアに考えると、死を掛けた戦いのことを想像する。

何百回も死闘を繰り返し、生き延びたうえで、ある境地に達した宮本武蔵のような人は

奇跡的な存在なのです。

そして、何百回での死闘で宮本武蔵が得たものは、究極の特別の”技”ではない。

ある共通する、普遍的な考え方なのです。

つまり、

そういう”在り方”を確信することなのです。


ということは、

実質的に、死闘の場に身を置かなくても、その普遍的な考え方によって、

普段の中で、考え方の中で生死のギリギリのところへ持っていけるということなのです。


その在り方が分かった人は、

べつに、武道家でなくても、同じことを言っているし、

それを得るために、武道家が禅などのそれを得るための

プロセスを勉強する。


逆に、そこを理解して、そこを観てやらなければ、

例え、ギリギリの死闘の中に身を投じても、

それを得ることは出来ない。


それすなわち ”中心帰納” です。


さて、


今週はテストケースとして、

木曜日(12日)に、新宿スポーツセンター 第一武道場で

時間は19:30~22:00まで、

稽古を開催する予定です。


また、日曜(15日)はいつも通りの稽古です。

場所は新宿スポーツセンター 第一武道場、

時間は13:00~16:00までの稽古です。

詳細は↓↓↓

無元塾ホームページ

では、お会いできること楽しみにしております。

« 凄い出来事、会得するプロセス。そして次回稽古のお知らせ。 | トップページ | 打撃の考察 そして今週の稽古のお知らせ »

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/65403809

この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリのところで得られるモノ。そして次回稽古のお知らせ:

« 凄い出来事、会得するプロセス。そして次回稽古のお知らせ。 | トップページ | 打撃の考察 そして今週の稽古のお知らせ »