2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、 | トップページ | ドーピング と次の稽古のお知らせ »

2016年3月 8日 (火)

認知症 700万人


この表題にピンときて、

書きかけて、1週間が経ってしまった。

合氣道や、クラニオバイオがこの認知症に対して

予防的に良いものだという内容に仕上げるつもりだったのだが、

途中、ピロリ菌の作るタンパク質が認知症の原因にもなる

というような記事がアメリカで発表されたのを知って筆が止まってしまった。


面白いのは、以前からこの認知症の原因としてピロリ菌が一因ということは言われていたようで、

2015年以前に書かれたものは全て

ピロリ菌が出すアンモニアが誘発する物質として書かれている。

ここで、気をつけなければいけないのは、

文章の中に書かれている、一因、、と書かれていることだ。

つまり、他にも原因となるファクターが存在するということなのだ。


少なくとも、この認知症は、

医療が発達して寿命が長くなって発生数が多くなる病だ。

そういう意味では、ガンなど他の病も同様だろう。


ということは、

寿命が延びた現代の生き方に対する考え方で、その病の在り方が変わることを意味する。

情報が錯綜して、どの要因が、一番プライオリティーが高いのかわからない。

その順位付けをするのはまさに個人の考え方による。

たとえば、

ピロリ菌が胃の中に存在するということで、それにバランスをとっている現状があるとすると、ピロリ菌がいなくなることで、またその状況でバランスをとりはじめる。そのバランスの在り方が、良く働く場合もあるし、悪く働く場合もある。

以前、知り合いがピロリ菌の除去をする時の抗生物質をのむたびに胃の調子が悪くなり、それが始まりで胃癌になりなくなった。

ひょとしたら、前段階で既に癌が潜在していたのかもしれないが、真相はわからない。


表題から話がそれてしまったが、

認知症で減少してしくエリア(デフォルトモードネットワーク)が活性し、増加する

瞑想や、それに等しい質感を持つ、

合気道や、クラニオバイオが、

認知症の対策に有効のは、

おそらく間違いない。

認知症が700万に達するのは、

2025年と言われている。

そんなに先の話では無い。

« 足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、 | トップページ | ドーピング と次の稽古のお知らせ »

人生」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/64338142

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症 700万人:

« 足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、 | トップページ | ドーピング と次の稽古のお知らせ »