2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回の稽古は土曜3月5日です。 | トップページ | 認知症 700万人 »

2016年3月 2日 (水)

足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、

先日、某テレビ番組で、前屈をする時、柔らかくするのに一番効果のあるものは

何かというクイズをやっていた。

結果は下記のとおり、

1位:ゴルフボールを踏む

2位:ニャーと言う

3位:指を順番に回す

4位:ティッシュを奥歯で噛む

そもそも即興で前屈が柔らかくなることに何の意味があるのかが分からない。

裏側の筋肉が柔らかくなることで健康が促進されると言うなら、

姑息な手段で柔らかくするのに意味があるのか。

前屈が堅い柔らかいというのは、筋肉の質やその行為への意識により、

あきらかに個人差がでる。

何か特別な身体操作のために、現状より柔らかくする必要があるのであれば、

根本的に筋肉を柔軟にするトレーニングなり、身体教育が必要なのではないかと

考えるのですが、いかがでしょうか。。

ま、屁理屈は置いといて、、


この結果をみて何か言いたいか、大体想像はつくだろう。

以前からこのブログで紹介している、チョー個人的な健康促進行為の

足裏コロコロの絶大なる効果を、ある意味証明している。

何度も言っているが、お勧めは円柱というか、木の棒(直系6cmがベスト、、主観)です。

なぜなら、ゴルフボールのような球状のものは、点での圧が加わるので、

ハッキリ言って痛いんです。

椅子にすわって踏めばいいじゃん、、などと言うなかれ!

立って二つの円柱で足底を交互に前後させるコロコロに意味があるのです。

カカトを床につけるときはその側に体重を移動させます。

またこの体重移動が後に紹介する運動に関連していくのです。

その時は、円柱が前に滑り出ないように5本の指が自然に円柱を噛むような形になります。

つまり、点での刺激ではなく、線で刺激なので痛みは少なく、

ソバ生地を棒で広げるように足底筋が伸びるのです。

そして同時にフクラハギのストレッチになるのです。


余談ですが、

別の健康番組で、心臓の負担を軽減するために、お医者さんが進める健康法の

1つに、フクラハギの運動というのがあった。

また、以前何かのインタビュー記事に、どこかの長寿の大学教授が長生きの秘訣で、

朝起きたときに寝床で足裏が熱くなるまで木槌で結構思いっきりたたくというものがあった。

いよいよ、この足裏コロコロはチョー個人的なものにしておくのは勿体ない。

足裏コロコロ情報 まだまだ続きます。

« 次回の稽古は土曜3月5日です。 | トップページ | 認知症 700万人 »

健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/64232135

この記事へのトラックバック一覧です: 足裏コロコロ④、、、ニャーよりも効く、:

« 次回の稽古は土曜3月5日です。 | トップページ | 認知症 700万人 »