2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

次回稽古は2月28日(日)です。

お知らせ遅れました。


よろしくお願いいたします。 


↓↓↓


日時:2月28日(日)12:30~15:30

場所:上石神井体育館 第一武道場
練馬区上石神井1-32-37
03-5991-6601

↓↓↓
http://sports.geocities.jp/mk_mbsa_nerima/top.html

【西武新宿線】上石神井駅南口から徒歩8分
【西武池袋線】石神井公園駅北口から「西武バス」吉祥寺駅行で水道端下車1分
大泉学園駅南口から「西武バス」、「関東バス」西荻窪駅行で立野橋下車5分

※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたとシェアして使用することになります。

※参加費¥500 別途施設利用費¥300がかかります。


道着等動ける服装をお持ちください。

事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOKです。

武道未経験者でも大丈夫です。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)

事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
では、お会いできること楽しみにしております。
AD

2016年2月22日 (月)

甘酒の効用


甘酒と呼ばれるものは、世の中に2種類ある。

1つは、酒を造った後にでる酒粕の煮て、砂糖と生姜をいれて作るものと、

もう1つは、麹から作るものだ。

今回の甘酒は後者のもの。

この米麹から作られる甘酒を定期的に作って飲んでいる。

もう飲み始めて5年くらいになる。

それにプラスして、ヨーグルトR-1を無調整牛乳1リットルで培養して混ぜて食している。

簡単にそれを可能にしているのは、タニカ製ヨーグルトメーカーのおかげだ。

久しぶりに、改めてamazonで値段を確認してみると、驚いたことに8000円位している。

何かの間違いだろうと価格COMをみても結構値段が高い。

5年くらい前に買ったころは5千円前後だったような記憶があるのだが、

ここ最近需要がたかまったからなのか値段が高騰しているような気がします。


話をもどして、

僕がこの甘酒に目をつけたのは、

健康維持のための最大公約数的健康食品は発酵食品であり、

その一番、安全で、安価で、効果の高いものが甘酒だと結論づけたからです。

最近流行りの酵素にしても、書き出したらキリがないけど、

この麹の酵素で十分なのだ。

それに何よりも、生きている食材なのだ。

ウエイトをガンガンにやっている時は、メガビタミン主義だった。

食物から抽出した単一栄養素を、大量に、多種類、エサのように胃に運ぶ

作業がバカバカしくなったのだ。

かといって、食事のバランスの完成度を厳密に考え始めるとキリがない。

いくつかの決まりというか習慣をつくった。

その一つが、甘酒の常食なのだ。


この麹の発酵食品は、日本古来から根づいた食習慣で、

味噌、醤油、漬物に日本人に適したものでもあり、

なにより、作るのが簡単なのだ。


サッと書くと、

①ネットや、大手スーパーで米麹を買ってくる。(もたせるなら冷凍しておく。)
②炊いたお米、玄米、どちらでも100gほど柔らかいお粥状にする。
③タニカの容器を煮沸する。
④②のお粥を手で触って少し熱く感じるくらいの温度に冷ます。
⑤常温に戻した①を混ぜる。
⑥タニカの容器に入れて、ネットなどでは50度から65度など幅のある温度設定で
 書いているが、自分はいつも60度に設定して、そのまま8時間セットする。
⑦8時間後甘酒化したものを冷蔵庫に入れて冷ます。

これで完了です。あとは冷蔵庫の中でさらに熟成して、少しづつ甘みが増してきます。
1週間位経ち、少しづつ酸味が出てくれば
植物性乳酸菌が増えてきた証拠で、さらに効用は増すという感じです。

あくまでも、雑菌が増えないように出来るだけ、清潔なスプーンスプーンですくい取るようにします。

僕の場合は、

これだけに飽き足らず、

別のタニカの容器で、R-1ヨーグルトを培養して、一緒に食べています。

ついでにその培養方法も書いときます。

①容器を煮沸消毒します。
②煮沸消毒したお鍋の熱湯に1リットルの無調整牛乳をつけて温度を上げときます。
 自分の体温より少し温かいくらい。
③容器にR-1(固形と液体タイプどちらでもOK)と牛乳を混ぜる。
④43度に設定して約10時間おく。
⑤冷まして冷蔵庫に。

こんな感じです。

300円位で10日分くらいのR-1を得たことになります。
得した気分にもなれます。

このお陰か、

風邪も、インフルも、お腹の風邪も、とんとひかなくなりました。

気のせいか、花粉症もほとんどなくなりました。

お試しあれ!

2016年2月16日 (火)

次回稽古は21日(日)です。

全て自分の問題だ。

相対する相手の中で起こる感情に


影響されるな、というのではない。


鏡となって影響されてている自分を


観照していられるか、、ということなのだ。


それができるか否かは、


環境、状況でも変わるし、相手でも変わる。


余裕があるか、ないかで変わる。


どういう時、焦り、心配し、恐れ、怒るのか、


その時に普段出来ていることが、


どんな風に出来なくなるのか。


そういう自分を感じる。


そのプロセスを理解する。


その作業が自分を知ることなのだ。


先日、合気道の先輩が、思想家の大家の本を見せて、
自分を知ることに関して書いているので、
それを読んでいると紹介してくれた。


少なくとも、そういうことではない。


自分を知るということは、


知識ではなく、作業なのだ。


そういうことも含めて、


中心帰納の稽古をしたいと思います。

↓↓↓


日時:2月21日(日)12:30~15:30

場所:上石神井体育館 第一武道場
練馬区上石神井1-32-37
03-5991-6601

↓↓↓
http://sports.geocities.jp/mk_mbsa_nerima/top.html

【西武新宿線】上石神井駅南口から徒歩8分
【西武池袋線】石神井公園駅北口から「西武バス」吉祥寺駅行で水道端下車1分
大泉学園駅南口から「西武バス」、「関東バス」西荻窪駅行で立野橋下車5分

※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたとシェアして使用することになります。

※参加費¥500 別途施設利用費¥300がかかります。


道着等動ける服装をお持ちください。

事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOKです。

武道未経験者でも大丈夫です。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)

事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。

では、お会いできること楽しみにしております。

2016年2月15日 (月)

剣の体捌き 動画


木剣をもって体裁きを表現しました。

今後定期的に動画をUPしたいと思います。

どう変化していくかな、、


2016年2月10日 (水)

次回稽古は13日(土)です。


次回も日曜日ではなく、土曜日になります。

お間違いのないように!

場所と時間は同じです。

↓↓↓


日時:2月13日(土)12:30~15:30

場所:上石神井体育館 第一武道場
練馬区上石神井1-32-37
03-5991-6601

↓↓↓
http://sports.geocities.jp/mk_mbsa_nerima/top.html

【西武新宿線】上石神井駅南口から徒歩8分
【西武池袋線】石神井公園駅北口から「西武バス」吉祥寺駅行で水道端下車1分
大泉学園駅南口から「西武バス」、「関東バス」西荻窪駅行で立野橋下車5分

※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたとシェアして使用することになります。

※参加費¥500 別途施設利用費¥300がかかります。


道着等動ける服装をお持ちください。

事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOKです。

武道未経験者でも大丈夫です。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)

事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。

では、お会いできること楽しみにしております。

2016年2月 8日 (月)

稽古は情報交換の場である。

この合氣道の稽古が

一方的な情報提供だとは思えない。

確かに、中心帰納という考え方をお伝えし、

表現し、やってもらい、悩んでもらい、

こちらも完成度を上げるために試行錯誤する。

みな今まで生きてきて、それぞれ集めた知識や、情報

ユニークな考え方を持っている。

ある人からは、何か気づかされる言葉を教えてもらい、

ある人からは、中心帰納が深まるような関連した本を紹介してもらい、

ある人からは、ここの合氣道の考え方に近い他の武道の情報を聞かせてもらう。

ここの合氣道の思想が普遍的なものであるなら、

他の本質的な考え方と違うはずがない。

この一年でみんな進化した。

自分も深化した。

そろそろ仕組みを変えるときだ。


今いる人は出来るならコアなメンバーになってもらいたい。

2016年2月 7日 (日)

足裏コロコロ③

究極の健康促進器具はなにか、我が出すぎて何か嫌な感じでス、、

というご意見があったので、

取り下げて、

足裏コロコロの表題に変えることにします。

究極の、、、②の続きなので、③もいれました。


まずは汚い足ですが、その様子をUPしたのでご覧ください。


これは、初級です。

偉そうなことを言ってますが、

まだ、たくさん種類があるので、そういう位置づけにしました。

これだけでもかなり効果がある、、、ハズです。

なぜなら、その効果は青竹ふみの効果そのものだからです。

以下は、青竹ふみの効果のパクリです。

↓↓↓

①健康づくりはしたいけど、毎日続かない人向き。
②仕事の合間に、お風呂上がりに、歯磨きしながら、ちょっとテレビを見てる間に出来る。
③足裏の血行をよくして冷え症や足のむくみ、ダイエットやメタボ対策になる。
④昔から健康の源泉は足の強化からといわれている。
⑤老化も足の衰えからくる。
⑥毎日仕事が忙しいサラリーマンの方や、家庭の主婦の方まで幅広くできる。


じゃー、青竹ふみでいいじゃないか、、と思いますが、

僕自身は、

この足裏コロコロの方が、効果が高いと感じています。

その一つの理由は、上の動画を見直していただければわかると思いますが、

ふくらはぎが伸びて、踵が床に着くとき、

自然に足の指側が円柱を掴むような形になっているのが

分かると思います。

それがマッサージ効果だけでなく、床を噛む足の力を促進しているのだと

考えてます。

そして、それがフクラハギのストレッチ効果をより高めているのです。


そして、ここから応用が出来て、全身のエクササイズの展開を観ることが出来るのです。

ライバルは青竹ふみにあらず、

ストレッチポールなのです。

そこら辺はまた、次の展開で紹介いたします。

2016年2月 4日 (木)

今ホームページを作っています。


この会というか、塾で継続的に稽古を始めて、やっと一年が経ちました。

やっていて、分かったこと、出てきた悩み、いろいろあります。

ただ、これからも続けていくことと、もっとシステムを明確化し、

拡張していきたいと考えてます。

改めてホームページを作り始めて、どうしても筆の止まるところが

出てきてしまいます。

どうしても、一貫性を持たせたいと思う気持ちが、邪魔をします。

私にとって、この合氣道に役立った、私自身のバックボーンの1つである

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの存在というか、位置づけというか、

扱いというか、

また、この合氣道の表現の仕方なんかも慎重にしたいと思ってます。

慎重にしないと、誤解を生みそうなところも多々あります。


こう書いていて、

やはり邪魔をしているのは、自分のエゴであり、思考だな、、、と

でも、どうしようもないのです。

文字であらわす限り、思考を全開にして表現するのですから。


ジレンマのなかにいる今日この頃です。

2016年2月 2日 (火)

次回稽古は6日(土)です。


次回は日曜日ではなく、土曜日になります。

お間違いのないように!

場所と時間は同じです。

↓↓↓


日時:2月6日(土)12:30~15:30

場所:上石神井体育館 第一武道場
練馬区上石神井1-32-37
03-5991-6601

↓↓↓
http://sports.geocities.jp/mk_mbsa_nerima/top.html

【西武新宿線】上石神井駅南口から徒歩8分
【西武池袋線】石神井公園駅北口から「西武バス」吉祥寺駅行で水道端下車1分
大泉学園駅南口から「西武バス」、「関東バス」西荻窪駅行で立野橋下車5分

※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたとシェアして使用することになります。

※参加費¥500 別途施設利用費¥300がかかります。


いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、
連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)

事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
では、お会いできること楽しみにしております。

この方たち、武道やったらすごいと思う。


こんな感じで体捌きできればな、と思います。

阿波踊りって、この調子で相当長時間踊るって聞いてます。

すごい。



2016年2月 1日 (月)

良いものは良い、淡々と続けていこう。


世の中には沢山の神様がいる。

八百万どころではない。

神様毎に違う教えを主張したりしている。

同じ経典が元なのに、違う神様が出たりもする。

最初の人は悟りを得ただけの人だったのに、

いつの間にか、その人を神様にも仕立てたりもする。

その弟子たちが、その神様以上のエスパーになってしまっていたりもする。

狐が神様になっている場合もある。

宇宙人を神様にしているところもある。

そのうちコンピュータを神様にする人たちが出てくるかもしれない。


そこで、問題です。


どの神様が一番えらいでしょーか?

答えは、

良いと思った神様が良い(えらい)、、です。

信じ切ることが出来るのであれば。

仮にそれが物語でも。

だいたい冷静にみれば、この世のほとんどは物語だ。

プロセスとして、その物語に浸ることが
必要なのかもしれない。

そして、ある真実に気づいた時、

その物語は、物語でしかなくなる。


自分は、クラニオバイオという物語に出会えてよかった。

そのお陰で、合気道という物語の

"中心帰納"という真理に出会えたからだ。

感謝します。


ひょっとしたら、それも物語なのかもしれない。


でも、良いものは良い。

信じて淡々と続けていこうと思います。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »