2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回31日(日)の稽古も上石神井体育館です | トップページ | 究極の健康促進器具② »

2016年1月27日 (水)

究極の健康促進器具

以前から、合氣道の稽古で気になっていたことがありました。

対峙する相手を崩して、何らかの手段で投げるとき、

軸に粘りを感じる人と、そうじゃない人、、つまり

呆気なく倒れてしまう人がいる。

逆に仕掛ける人の様子を見ていて、

なにかバランスが悪い人、軸がぶれている人、偏っている人がいる。

当然個性なので、いろいろな人がいる。

様々な要因もあるでしょうが、一つの要因として、

何か足の指でチャント畳を噛んでいないというか、

足の裏の機能をチャント活かしていないというか、

そんなことを考えるに至りました。

おそらく、昔の人は畳の生活、裸足の生活をしていたので、

その機能を十分に生かして生活していたのではないかと想像します。

合氣道などの畳で稽古をすることは、本来であればその機能を賦活させる

週に1回から数回では活性させるのに

少し時間が足らないかもしれません。


では自分はどうなのかというと、

実は少し自信があります。

いわゆる、足底腱筋はすこぶる柔軟であり、

畳への密着力に関してもナカナカものです。

そこまで言うには理由があります。


先日 ふと気づいたのですが、

あまりにも前からなので、正確には覚えていないのですが、

もう30年弱も前から続けている健康促進器具を活用しているのです。

最初はコーラの瓶でした。

いつの間にか、ホームセンターで円柱形の木材を二つ買い

それ以来、ほぼ来毎日欠かさず続けているのです。


続けている理由は、ただそれをやると気持ちが良いということと、

疲れがとれるという理由それだけです。

やり方もバリエーションが増え、腰痛などの時もそれをやると

瞬時に回復するのです。

少し長くなりそうな感じがしてきましたので、

次回に続きを書くことにいたします。

どんな感じか、動画取りましたのでちょっと見てみてください。

左肩の道着の破れはご愛敬ということで、、、

では。



« 次回31日(日)の稽古も上石神井体育館です | トップページ | 究極の健康促進器具② »

健康」カテゴリの記事

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/63657816

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の健康促進器具:

« 次回31日(日)の稽古も上石神井体育館です | トップページ | 究極の健康促進器具② »