2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回10月18日は屋外での稽古です。 | トップページ | 武道とセラピーをつなぐもの2 + 本日の稽古ご報告 »

2015年10月17日 (土)

武道とセラピーをつなぐもの1

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの話をあまりブログに書かなくなった。

けっして、やめているわけではない。

むしろ合気道と同様、自分の中では深まっている。

ただ、観点が変わってきていることは確かだ。

武道とセラピーとの共通点、

それは相手との関係性の感受性を、

つまり自分の反応を観ることだと考えている。

相手との関係性の中に、相手も自分も包含して、

なにか全体の雰囲気の質を感じることができる。

それはもう、別に合気道の稽古の中だけでなく、

クライアントとのセッションだけでなく、

意識すれば、人と接しているときはいつでも感じられる。

そして、それは自分の中の自分との関係性を見ることでも

同様なのだ。


もっというと、モノとの関係性でも同じ。


対象との関係性と自分の中の自分との関係性が同質の場合、

共振して、良くも悪くも増幅する場合もある。


振り回されて感情も乱高下するかもしれない。


それを冷静に観ていられるか。


そのことを中心帰納というのだ。


それなしに、

その都度起こる無意識的な反応に気づきもせず、

単純に、こうしなければならないという思考に

追い立てられる状況に甘んじているのでは、


どれだけテクニックを身につけても、

知識を得ても、

虚しいだけだ。

そういう観点で、

もう一度、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスについて

書いてみたい。


そして、その延長線上にみえてくる普遍的なモノが


合気道の求めるものと同じであるということを考えたい。

« 次回10月18日は屋外での稽古です。 | トップページ | 武道とセラピーをつなぐもの2 + 本日の稽古ご報告 »

who is in (awareness inetnsive)・公案禅・瞑想」カテゴリの記事

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/62084544

この記事へのトラックバック一覧です: 武道とセラピーをつなぐもの1:

« 次回10月18日は屋外での稽古です。 | トップページ | 武道とセラピーをつなぐもの2 + 本日の稽古ご報告 »