2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回稽古のお知らせ。(7月26日 日曜) | トップページ | ぼくは変容した、、、 »

2015年7月25日 (土)

成田先生の講座の感想が届いてます。

下記のような内容の感想が届きました。
ありがとうございました。

また、感想が届けばご紹介させていただきたいと思います。

〇成田先生の捌き・目附け・言葉・雰囲気を目の前で伺えたことに感謝しております。

〇成田先生や、この合気道の持つ雰囲気に触れられたことは、理解できた出来ないに関わらず、 セミナー受講者すべてにとってプラスだと思います。

〇本当に素晴らしい企画をありがとうございました。
世界トップレベルの合気をしかと学事ができて大変嬉しく感じています。
成田先生のお人柄や、師弟の道を邁進される生き様に頭が下がる思いでした。

〇成田先生の謙虚な姿勢にも触れることが出来た事が一番の学びだったと思います。

〇もちろん手を取らせていただいて接触が球体の表面を滑落していく感じ
あるいは先生の身体の中心に巻き込まれていく求心的な感じあの御年齢で
いわば素性の判らない相手にいくらでも手を取らせる驚き。

〇「対立」について質問した柔道をしている〇〇です。
あの場では詳しく申し上げませんでしたが、
私は現在、主にやっている柔道の他、身体操作関連で
いくつか取り組んでいるものがあります。
ご存知かどうかわかりませんが、紹介させていただきます。
・・・(中略)
柔道を始めたきっかけが、純粋に技の稽古をしてきた体が、
相手と「対立」した状況でどう動くのかという課題を
自分なりに解決したいと考えたからでした。
実際なかなか思うようには動けず、この課題は未解決のままですが、
合気道という試合の概念が(ない)武道で、その道を極めた方が言う、
「対立」しない技とはどのような考えで成り立つのか、
YouTubeで動画を拝見していたこともあって、
この機会に是非お話をうかがえればと思って参加しました。
たかだか講座に一回参加しただけで、何がわかったともいえませんが
今回、直接成田先生のお話を聞けて、
技に触れたことは大変貴重な経験となっただけでなく、
考え方は大変勉強になりました。
成田先生の技を受けた感想ですが、これは表現が難しいですね。
なぜそうなるのかがわからないので、表現が難しいのだと思いますが、
自分の間だと思っていたところに、いつのまにか先生が入られていて,
あるいは自分の間に先生がいると思っていたのに、いつのまにか先生がその場にいなくなっていて、
(なんか変だぞ。)と思って、気がつくとこちらが崩れている。
先生に崩されたのか、私が崩れたのか? この謎は解くのは容易ではなさそうです。
おそらくこれは成田先生に聞いても、わからないと言われそうですが、
「対立」のない技の感触をしみじみ味わうことが出来ました。
このような企画を実現していただき、白石様には感謝しております。
ありがとうございました。
またこのような機会があれば、是非参加させていただきたいです。


共通して、先生の穏やかな、謙虚な雰囲気を感じて、
みな優しい気持ちになった。
今までの習ってきた、考えてきた武道、格闘技とは違う感覚に戸惑った。
森羅万象の法則である調和というところを目標にしている。
つまり、競技の勝敗の延長ではなく、調和の延長に
武道の生死観を見ている。
古来、上泉信綱から始まり、柳生石舟斎、白井亨、針ヶ谷夕雲、山岡鉄舟 その人達が到達した境地。 それを感じさせるものだった。

« 次回稽古のお知らせ。(7月26日 日曜) | トップページ | ぼくは変容した、、、 »

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/60884253

この記事へのトラックバック一覧です: 成田先生の講座の感想が届いてます。:

« 次回稽古のお知らせ。(7月26日 日曜) | トップページ | ぼくは変容した、、、 »