2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回(5月10日) 静中心合氣道 無元塾の稽古の場所と時間のお知らせ | トップページ | なぜ、この合氣道なのか »

2015年5月12日 (火)

システマの先輩の参加 そして次回(5月17日)稽古の案内

前回の稽古に、約8年前にやっていたシステマというロシアの武術の

先輩が参加された。

新宿スポーツセンターの周りにある戸山公園は武術関係の団体が数多く
稽古をしている聖地なので、呼び寄せたに違いない。

参考ブログ↓↓↓
http://cranioaiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-83c7.html

そして、この合氣道の ”中心帰納”という概念にご理解と共感をいただいた。

当時の記憶をたどると、システマは、

①真直ぐな姿勢と、
➁正しい呼吸と、
③どのような状況でもリラックス、そして
④動きを止めない、

という基本を元に

条件付きスパーを繰り返し行っていた。


今はもう屋外での稽古はやっていないようだった。
(当時は、日曜の同時間帯で屋外で稽古していたので、、)

先に述べたシステマの4つの基本、これは静中心合氣道 無元塾 でも同じことだ。

なぜなら、そうでないと”中心帰納”は出来ないからだ。

逆に”中心帰納”が身についてくると その4つの状態が現れる。

その方が楽なのだ。

それは一つのボタンで、4つの玉が発射されるということ。

そしてシステマに関してまた一つ思い出した。

動きの抽象的なイメージとしては8の字∞だと言っていた。

呼び方は”フィギャーエイト”とカッコ良い呼び方だった。

ここの合氣道の動きのイメージは”球の円転”とこれもまた抽象的だ。

どちらも概念として、抽象度が高い。

だから、難易度が高いのだ。

でも、それをマスターすると限りなく応用がきく。

この武道はこの抽象的観念を、

敵との戦いという現実に照らし合わせていく、、という

とても高度なことを繰り返す。

このプロセスのなかで起こる、様々な現象を受け入れる。

出来るだけ、みなさんにより分かりやすい様に

稽古体系を考えていきたい。

さて、次回稽古も

新宿スポーツセンター 3階   第1武道場

東京都新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

交通手段:JR高田馬場駅下車徒歩約10分
       東京メトロ副都心線西早稲田駅下車出口3より徒歩5分

↓↓↓
http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html


日時:5月17日(日)13:30~16:00
 ※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたと
   シェアして使用することになります。
 ※参加費¥500  別途施設利用費¥400がかかります。

いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、


内容:8つの体捌きとそれに則した中心帰納の稽古
    ”中心帰納”=”腰回し”の概念の説明
    円乱捕り
    受け身の意味


中心帰納をするとなぜ入身ができ、そしてそれが打撃や剣に有効かを
勉強します。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)
     事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
     

では、お会いできること楽しみにしております。

« 次回(5月10日) 静中心合氣道 無元塾の稽古の場所と時間のお知らせ | トップページ | なぜ、この合氣道なのか »

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/59966442

この記事へのトラックバック一覧です: システマの先輩の参加 そして次回(5月17日)稽古の案内:

« 次回(5月10日) 静中心合氣道 無元塾の稽古の場所と時間のお知らせ | トップページ | なぜ、この合氣道なのか »