2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

邪魔しているのは自分が作る物語だ。

ひとは自分が生きてきた証を正当化するために、

今起こっていることと整合性を保つために、物語を作る。

そういう思考をする。

だから、事実を話していても、物語を散りばめ、

少しずつ真実が歪められる。

それを理解している詐欺師なんかは、意識的に

嘘のストーリーの随所、随所にちょっとづつ真実を織り込むという。

人によっては、まんまと騙され、感動すらして、信じ込んでしまう人もいる。

逆に、

真実を語っていると思っているが、自分本位な整合性を保つために

無意識的に事実を歪めて相手に伝えている、、つまりは嘘と言われても

仕方のない話をしていることもあると言いうことだ。

とても、危険な話だ。

自分でも無意識に思考が嘘をついている。。

つまり、自分が自分に嘘をついているのだ。


そういうことを意識的にならなくてはいけないということなのだ。

そうだという理解が必要なのだ。


では、どうすれば、その意識を高めることが出来るのか。。


答えは、内部感覚を高めることが、その訓練になると、約10年も前に

脳科学の研究で示されている。

自分の感覚、感情、思考に敏感になり、そしてその反応を観る訓練をするのだ。

どういう反応をするのか、鈍感なのか、過剰なのか、とにかく見続けるのだ。

これは、瞑想ではヴィパッサナーといい、心理学的ではマインドフルネスといい、

それをすることによる結果、全体を感じ、一体となり、共感を感じる現象がおこる。

静中心合氣道 無元塾 では、 中心帰納の状態だ。

先ほどの、脳科学でいえば、

その訓練によって、

「島皮質」という部分が活性化し、その領域が広がり、

そのことにより、体が瞬間、瞬間におこる状況を、筋肉が稼働するより前に、

より早く認識でき、準備をすることが出来るという。

そしてより訓練を積むことが出来れば、信じられないほど正確な予測ができるというのだ。

特筆すべきは、

死闘などの究極の経験を経なくても、その先にある境地に、

この内部感覚の訓練で行き着くことができるという。


つまりは、この「島皮質」をいかに活性化させるか、、なのだ。


そして、その活性を邪魔しているのが、

最初に話した、自分が作る物語なのだ。

そういうことを理解するために、

静中心合氣道 無元塾 では稽古をしているのです。


セラピューテックな切り口で稽古をしているので、

稽古に参加すること自体がセラピーの上達にも繋がるだろうと

考えている今日この頃です。

2015年5月26日 (火)

次回稽古(5月31日)も新宿スポーツセンター です。

現在やっている新宿スポーツセンターは、他の武道や格闘技をやってらっしゃる方々と、

場所をシェアして稽古をします。

面白いのは、ここの領域はうちがが使うので入ってこないでください、、などというトラブルは一切ない。

その時々の人数や、状況により、とても柔軟にエリアをシェアする状況になる。

周りをみればいろんな武道をやっている。

今回は、カポエラや、合氣道、空手、少林寺拳法、等々、、

中にはちょっとした有名人なんかもいらっしゃった。

周りを気にすることなく、自分のやる稽古に集中をする。

周りは気にしないが、周りの状況を感じながら稽古をする。

畳の振動、武道場全体にいきわたる人達の息遣い、

道場内の様々な声、外から降り注ぐ陽の光、、、

相対するパートナーと向き合いながら、技を掛けあいながら、

360度全体を感じることに集中する。

相手からくる攻撃の手やその攻撃ラインに気を取られないように、

そこに集中するのではなく、

360度にある全体の中の、一つとしての相手の流れを感じて、

やり合う。

目に見えるものに反応するのではなく、目に見えない、

全体の雰囲気の中で感じる、相手との関係性としての雰囲気を感じる。

そしてそれに従って動く。

僕の考える合氣道は、そういう合氣道です。

皆、自分の価値観のなかで、自己評価して生きている。

他人と比較して生きている。

先ほどの様に全体を感じ、その中の自分や相手を、客観的に見ていく、

みんな、自分の価値観のもと稽古していく。

でも、上手くいかない。

失敗をたくさんして、自分の価値観を崩していく。

そして、正しい枠組みを見出していく。

その中で、何かを発見できれば、

それは一生の宝物になる。

そのくらいの感動を与えてくれる。

今回は7名の参加でした。

感謝いたします。


次回稽古も

新宿スポーツセンター 3階   第1武道場

東京都新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

交通手段:JR高田馬場駅下車徒歩約10分
       東京メトロ副都心線西早稲田駅下車出口3より徒歩5分

↓↓↓
http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html


日時:5月31日(日)13:30~16:00
 ※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたと
   シェアして使用することになります。
 ※参加費¥500  別途施設利用費¥400がかかります。

いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、


内容:8つの体捌きとそれに則した中心帰納の稽古
    ”中心帰納”=”腰回し”の概念の説明
    円乱捕り
    受け身の意味


中心帰納をするとなぜ入身ができ、そしてそれが打撃や剣に有効かを
勉強します。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)
     事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
     

では、お会いできること楽しみにしております。

続きを読む "次回稽古(5月31日)も新宿スポーツセンター です。" »

2015年5月19日 (火)

次回稽古(5月24日)も新宿スポーツセンター です。


いつも、最悪1人稽古を覚悟して、
公開稽古として、人員を募集しています。

前回もいつもの常連の方たちが、別の予定があるというのを
聞いていたので、1人稽古のつもりで、
新宿スポーツセンターに行くと、

2回目の参加者の方たちがいらっしゃいました。
感謝いたします。

そうなると、出来るだけ誠意を尽くして、
武道の本質である、中心帰納(腰回し)の研究をしようと思う。
中心帰納をいろんな角度で、いろんな切り口で、
検証してく、

それが現れるときの、体の状態、心の在りどころ、
感覚、感情を確認していく。

それを、型を通じて、実感していく。

決して、勘違いしてはならないのは、

型という形の中で、こうすればこうなるとか、

こうすべきだということを強制しているのではない。

こうするプロセスでどう感じるかを確認していくのだ。

この中で、こうした方が良いかもしれない、、と方向を示すことは

あるかもしれない。

でも、

自分が自分の状態に気づかない限り、その方向すらも見えない場合がある。

それは、僕でも同じこと。

それを常に胸に刻む。

その行き着く先は、実は遠い星の彼方にある選ばれたものしか手にできないものではなく、

足元にある、普遍的な、誰でも本来持っているものであるということだけはわかる。

それだけは、絶対的に確信している。

なぜなら、尻尾を掴んだ中心帰納は、分かりさえすれば誰でもできるとわかったからだ。

出来ないのは、邪魔しているものがあるからなのだ。

その邪魔している物は、人によって違う。

そして、それを気づいていく作業をする。

それが稽古なのだ。

決して、外側から教えられる身体操作では分からない。

それは、分かったつもりになっているだけなのだ。

それはすぐに化けの皮がはがれることになる。

さて、次回稽古も

新宿スポーツセンター 3階   第1武道場

東京都新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

交通手段:JR高田馬場駅下車徒歩約10分
       東京メトロ副都心線西早稲田駅下車出口3より徒歩5分

↓↓↓
http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html


日時:5月24日(日)13:30~16:00
 ※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたと
   シェアして使用することになります。
 ※参加費¥500  別途施設利用費¥400がかかります。

いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、


内容:8つの体捌きとそれに則した中心帰納の稽古
    ”中心帰納”=”腰回し”の概念の説明
    円乱捕り
    受け身の意味


中心帰納をするとなぜ入身ができ、そしてそれが打撃や剣に有効かを
勉強します。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)
     事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
     

では、お会いできること楽しみにしております。

続きを読む "次回稽古(5月24日)も新宿スポーツセンター です。" »

2015年5月16日 (土)

なぜ、この合氣道なのか


もし、普通の大手合氣道団体に所属していただけなら、

こんなにも、合氣道を前面に押し出すことはしなかっただろう。

そして、この平井伝合氣道は、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスをしていなければ、

理解することは出来なかったとも考える。

それは、様々な出会いが、僕の中で、化学変化を起こさせた。

そして、”中心帰納”の尻尾を掴んだ。


あとは、これを深めるだけだ。

応用範囲を広げるだけなのだ。

門外不出だったというわけではないが、

積極的に喧伝されてこなかった。


なぜ、こんなに素晴らしいことを広めてこなかったのか、、

理由は明白だ、言葉で説明するのが難しいからだ。

現象でしか伝えられないから。


日本武道の中で、同様のことを言っている流派は沢山ある。

でも、チャントできる人は、ほとんどいないし、

出来たとしても、自分の獲得した感覚として、

誰にでも持っているものという考えの下、伝えようとはしていない。


ランダムだが、この学習プロセスにかかわるキーワードは下記の通りだ、

・変性意識
・考えかた
・瞑想的質感
・自己洞察
・自己確立
・意識の領域、置き所
・内部感覚
・観照
・抽象的イメージ

等々、、

ほとんど、どこかのセラピーのセミナーのようだ。

それを稽古の中で行っていく。

でも、そういうことなのだ。

昔の日本武道の人たちは、このようなことを禅に求めた。

だから、剣禅一如といった。

どうすれば、よりそれを上手く伝えられるか、、

それが課題だ。

で、

だから、この合氣道なのだ。

2015年5月12日 (火)

システマの先輩の参加 そして次回(5月17日)稽古の案内

前回の稽古に、約8年前にやっていたシステマというロシアの武術の

先輩が参加された。

新宿スポーツセンターの周りにある戸山公園は武術関係の団体が数多く
稽古をしている聖地なので、呼び寄せたに違いない。

参考ブログ↓↓↓
http://cranioaiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-83c7.html

そして、この合氣道の ”中心帰納”という概念にご理解と共感をいただいた。

当時の記憶をたどると、システマは、

①真直ぐな姿勢と、
➁正しい呼吸と、
③どのような状況でもリラックス、そして
④動きを止めない、

という基本を元に

条件付きスパーを繰り返し行っていた。


今はもう屋外での稽古はやっていないようだった。
(当時は、日曜の同時間帯で屋外で稽古していたので、、)

先に述べたシステマの4つの基本、これは静中心合氣道 無元塾 でも同じことだ。

なぜなら、そうでないと”中心帰納”は出来ないからだ。

逆に”中心帰納”が身についてくると その4つの状態が現れる。

その方が楽なのだ。

それは一つのボタンで、4つの玉が発射されるということ。

そしてシステマに関してまた一つ思い出した。

動きの抽象的なイメージとしては8の字∞だと言っていた。

呼び方は”フィギャーエイト”とカッコ良い呼び方だった。

ここの合氣道の動きのイメージは”球の円転”とこれもまた抽象的だ。

どちらも概念として、抽象度が高い。

だから、難易度が高いのだ。

でも、それをマスターすると限りなく応用がきく。

この武道はこの抽象的観念を、

敵との戦いという現実に照らし合わせていく、、という

とても高度なことを繰り返す。

このプロセスのなかで起こる、様々な現象を受け入れる。

出来るだけ、みなさんにより分かりやすい様に

稽古体系を考えていきたい。

さて、次回稽古も

新宿スポーツセンター 3階   第1武道場

東京都新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

交通手段:JR高田馬場駅下車徒歩約10分
       東京メトロ副都心線西早稲田駅下車出口3より徒歩5分

↓↓↓
http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html


日時:5月17日(日)13:30~16:00
 ※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたと
   シェアして使用することになります。
 ※参加費¥500  別途施設利用費¥400がかかります。

いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、


内容:8つの体捌きとそれに則した中心帰納の稽古
    ”中心帰納”=”腰回し”の概念の説明
    円乱捕り
    受け身の意味


中心帰納をするとなぜ入身ができ、そしてそれが打撃や剣に有効かを
勉強します。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)
     事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
     

では、お会いできること楽しみにしております。

2015年5月 7日 (木)

次回(5月10日) 静中心合氣道 無元塾の稽古の場所と時間のお知らせ

次回の稽古と場所と時間は下記の通りです。

新宿スポーツセンター 3階   第1武道場

東京都新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

交通手段:JR高田馬場駅下車徒歩約10分
       東京メトロ副都心線西早稲田駅下車出口3より徒歩5分

↓↓↓
http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html


時間:13:30~16:00
 ※個人解放を利用しますので、他の武道関連のかたと
   シェアして使用することになります。
 ※参加費¥500  別途施設利用費¥400がかかります。

いつも通り、
道着等動ける服装であればOK、
事前連絡いただければありがたいですが、ドタ参でもOK、
初心者でも、ベテランでもOK、
武道経験者でも未経験者でもOK、
男性でも女性でもOK、
合氣道以外の武道家の方でもOK、


内容:8つの体捌きとそれに則した中心帰納の稽古
    ”中心帰納”=”腰回し”の概念の説明
    円乱捕り
    受け身の意味


中心帰納をするとなぜ入身ができるか、、それを確認します。

連絡先:aikishira☆gmail.com (☆→@に変換してメールお願いします。)
     事前連絡いただければ、白石の携帯をお知らせいたします。
     

では、お会いできること楽しみにしております。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »