2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 流星ワゴン | トップページ | 何気ない文章、、、人生は競争じゃない。。 »

2015年4月 2日 (木)

がん、癌、ガン

それぞれ、意味、もしくはニュアンスの違いを表現しているようだ。

あるページでは、がんとガンは同じで、

癌は明確な違う使い方をされているようだ。


がん=悪性腫瘍全体の事を指す

癌=悪性腫瘍のうち上皮性のものを指す


がんとガンは使う人によって、主観的使われ方をしている。

本来、身近な病気なのにその身にならないと他人事だ。

最近周りでそれをよく聞くようになった。

自分も含めてそういう年代になったからだと思う。


がんという名前でひとくくりにしているが、

Wikipediaでは、分類としては29大分類がるということだ。

大分類ということは、その下にさらに分類がある。

そして、各個人の個性を考えると症状はおそらく無限にある。

全てのDNAの解析が終わったと聞いて久しい。

しかし、細かい部分の組み合わせでおこるパターンは無限だし、

各個人の個性を考えると、


がんだけでなく、病気とは、つまりそれぞれ違う病気なのだ。

それをお医者さんは治そうとしているのだから大変だ。

医療業界のヒエラルキーのトップに立つ証となる、

医大への入学、難関国家試験合格、研修、おそらく臨床を何十年経験をしても、

毎回が初心者のように、不安と緊張に遭遇するだろうことを想像できる。

アンジェリーナ・ジョリーが、最近がん発症前の卵巣を摘出したと

議論が巻き起こっている。

それが正しいか、間違いか、、などというもの。


それは、本人が言っていることなのだが、

そういう選択肢があり、そう選択したというだけなのだ。

他の人も選択肢として可能なのであれば、選択できるそれだけなのだ。

そして、摘出を選択した理由は、

その人の、死生観、価値観、つまり考え方がそういうことだっただけだ。

卵巣がんになるリスクはなくなった。

しかし、摘出することで起こりうるリスクは覚悟した。

そこで起こりうるリスクの責任はとる覚悟をした。

そういうことだ。

本人の問題なのだ、他人がとやかく言うことではない。

たまたま、世界的な女優だったから、また、がんだったから、

話題になっている。

脳溢血の予防で、発症前に脳の血管の手術をしている

一般の人たちはたくさんいる。


2人に1人ががんで死ぬという。

そんな簡単な数字ではないと思う。

100%がんで死ぬと考えた方がいい。

たまたま、がんになる前に、心臓病や、脳梗塞などの、

原因で死ぬだけなのだ。

そういう考え方でがんを意識し、向き合った方がいい。

そう考えたときに、1年後か、10年後か、

がんになるまでどう生きるか、

がんになったら、どう考えて生きるか、


そう生きた方がいい。


自己滅却。

自己第一主義。

自分に静中心して、生きた方がいい。


« 流星ワゴン | トップページ | 何気ない文章、、、人生は競争じゃない。。 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/59495131

この記事へのトラックバック一覧です: がん、癌、ガン:

« 流星ワゴン | トップページ | 何気ない文章、、、人生は競争じゃない。。 »