2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 次回の稽古は4月12日(日) | トップページ | 次回の合氣道の稽古は4月19日(日)です。 »

2015年4月12日 (日)

合氣道をセラピー的角度で見た時、、セラピーをやっているから見えてくること。


合氣道だけでなく、武道全般において、もっと言うとスポーツや普段の生活においても、

有益となる情報です。

今回のキーワードとなるのは、「反り腰」です。

他の呼び方としては、でっちり(出っ尻)とも言うかもしれません。

この状態だとどういうことが起こるのか、

それぞれ人によって状況は変わりますが、いくつか挙げると下記の通りです。

・後ろ重心になる。
・リラックスができない。(居付いた状況になる)
・上半身と下半身が別々になる。(統一体にならない)
・猫背になるなど姿勢がわるくなる。
・腰痛になる。


その原因は大腰筋の緊張、、つまり、それは上達の弊害になるということです。

そしてその起因となるのは何らかのトラウマやストレスだということです。

ストレスは外的なものから、内的なもの。

本来であれば、武道の稽古の中でそれを見つけ、克服するプロセスを辿るのですが、

効率をアップさせるために、セラピーの切り口で対処の仕方を

下記2つのセラピーで学べます。

そのセラピーの主催者の荒巻さんは現在、静中心合氣道 無元塾に参加されていて、

そして、「中心帰納」に理解が深いのは、下記2つのセラピーの成果だと考えます。

詳細は下記をお読みください。

↓↓↓


■ 寄稿「初心者のための2日間TREワークショップ」と「タッピングタッチ基礎講座」

「TREワークショップ」

静中心合氣道の稽古をされる方の中に、しばしば、反り腰の方をお見受けすることがあります。反り腰は、一般に腰痛の原因だったりもしますが、武道的には自由な骨盤帯の動きを制限します。

反り腰の原因として、じつはストレスが関わっていることが多いのです。

ストレスを受けると、腹部の奥にある大腰筋が収縮し、前屈みの姿勢になります。この前屈姿勢は、自分を守る(防衛反応)、敵と戦う(闘争反応)、敵から逃げる(逃避反応)ときに見られる現象です。

その後、ストレスが無くなれば、必要のない大腰筋の緊張は緩んでいきます。

ところが、ストレスが長く続く状態にさらされていると、大腰筋が緩んでいる暇がありません。大腰筋が緩まず、お腹を引っ込めた前屈姿勢で背筋を伸ばすとどうなるでしょうか。そうです、反り腰となります。多くの方の反り腰の原因は、ストレス性のものかもしれません。

この反り腰の状態は、中心帰納で起こる「思わざる腰回りの働き」に必要な骨盤帯の自由な動きを制限します。また、「シモク」と呼ばれる足の運びで実感される「浮の境地」も、骨盤帯の自由があることが前提となります。

TREは骨盤帯の柔軟性を取り戻すのに大変有効ですし、ストレス社会を生きる上で強力なツールとなるでしょう。稽古会に参加されている方におススメです!

■ 初心者のための2日間TREワークショップ(予定)

日時:2015年5月16日(土) 13:00~17:00,17日(日) 10:00~15:30

場所:JR水道橋駅西口徒歩2分(予定)

定員:5名

参加費:38,000円(2日間分)

4月中旬お申込み受付開始予定!

TREレベル2プラクティショナー:荒巻裕

※ 詳細な内容とお申込みはこちらから→ http://www.mina-care-workshop.com/

「タッピングタッチ基礎講座」

「思わざる腰回りの働き」は、たとえて表現するならば、究極のリラックス状態で起こるものと言えます。しかし、究極とは言わないまでも、私たちは日頃、どの程度までの深いリラックスを実感できているのでしょうか?

タッピングタッチを体験すると、ほっこりとした温かさ、春風ほのぼのとしたやわらかさ、

縁側でうたた寝をするような気持ちよさ、といった実感が得られます。

タッピングタッチで体験する心地よさは、中心帰納のストレスフリーな状態の心地よさとどこか似たような感じがあります。中心帰納をあまり難しく「考えて」はいけません。なぜなら中心帰納は考えて得られるものではなく、質感として経験するものだからです。

タッピングタッチを経験された方の中には、心地よさが感じられない方が時々いらっしゃいます。そうした方は、防衛・闘争・逃避 反応を解除することができずに、常に緊張しなければ生きては行けない、と無意識の層にまでに、自らに対して緊張を強いているのかもしれません。まずは、 タッピングタッチを体験し、リラックスした感じが得られるのかどうかを確かめでみましょう。心身の声に耳を澄ませることは、中心帰納を体得する上での基本 となりますよ!

■ タッピングタッチ基礎講座(基礎講座A) in 東京・水道橋

日程:2015年4月18日(土) または 2015月4月19日(日) ※

※ 同一内容の基礎講座です。今回はご都合に合わせて曜日が選択できます!

時間:13:00~15:00(12:40開場)

場所:JR水道橋駅西口より徒歩2分 (場所の詳細はお申込後、メールにてお知らせいたします)

定員:各20名

参加費:1,500円(当日お預かりいたします)

インストラクター:荒巻裕 阿部依子

講座内容:相互タッピング(基本形)、セルフタッピング、

タッピングタッチの特徴、効果、利用上の注意点など。

※ 詳細な内容とお申込みはこちらから→ http://www.mina-care-workshop.com/


« 次回の稽古は4月12日(日) | トップページ | 次回の合氣道の稽古は4月19日(日)です。 »

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/59610380

この記事へのトラックバック一覧です: 合氣道をセラピー的角度で見た時、、セラピーをやっているから見えてくること。:

« 次回の稽古は4月12日(日) | トップページ | 次回の合氣道の稽古は4月19日(日)です。 »