2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 子供が生まれたら犬を飼いなさい。 | トップページ | クラニオバイオ道場 開設 »

2015年2月27日 (金)

養蜂家の静中心講座の参加


先日、オヤジ3人で開催している ”静中心セラピー研究会の基礎講座”

の1日目を修了した。

今思うと、このブログでももっと宣伝すべきだと思うのだが、

なぜか、忘れてしまいます。

さて、そこに養蜂家の方が参加された。

とても興味深い。


蜂という自然の生き物、、それは哺乳類でなく、虫。

その虫を手段として生業をたてるということ。

間違っても、心を通わせるという類のものでは無い様な気がする。

おそらく、蜂の習性、特にミツバチという社会性を持った昆虫の習性を理解するということは、

より自然に近い、もしくはそれに等しい対象との関係性を理解するということなのだ。

それは、ヒトとの関係性を理解、構築するのとは訳がちがう。

そういう養蜂家が、この静中心の講座を受けようと思った動機が知りたかった。


そして、その理由とは、

まさに蜂との向かい合い方を模索している中、

この講座のインターネットでの案内に目が止まったということだ。


養蜂としてのノウハウは知識的には十分だろう。

だが、養蜂はそれだけでは十分ではない。

蜂との向かい合い方は、自分との向かい合い方に対応する。

そこに行き着かれた。


間違いなく自分の「在り方」が、巣箱を触るときのミツバチに影響するという。

以前からも、養蜂の大先輩からも、そこの重要性を指摘されてきた。

頭では分かっているが、どうすればいいのか。

そのヒントがこの静中心セラピー研究会の ”中心帰納”にある。


そう直感された。


おそらく間違いない。


”中心帰納”は普遍的なものだ。


もうすこし、深掘りして思索してみたい。


その養蜂家は、受講後、腑に落ちたようだった。


次回、2回目の3月28日の講座が楽しみだ。

« 子供が生まれたら犬を飼いなさい。 | トップページ | クラニオバイオ道場 開設 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

合気道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/59077836

この記事へのトラックバック一覧です: 養蜂家の静中心講座の参加:

« 子供が生まれたら犬を飼いなさい。 | トップページ | クラニオバイオ道場 開設 »