2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« B型肝炎キャリア | トップページ | ゲシュタルトの祈り »

2015年1月29日 (木)

線維筋痛症


うちの奥さんは

慢性筋筋膜筋痛症という診断を受けたことがある。


この状態がひどくなると線維筋痛症になると聞く。


本当は本人しかわからないのかもしれないが、

傍から見ていても、とにかく痛いようだ。


想像しきれないが、

血管の中にガラスの破片が通っているようだと表現していた

のを覚えている。

そして、その痛みで夜も眠れない。


その後、しばらく、その痛みは腰だったり、肩甲骨周辺だったり、

頚だったり、その時々で場所が移動した。


客観的に観察していると、

明らかにこの症状には、心理的な背景がある。

性格というか、その人の育生の中で培った考え方というか、

そういうものが関係する、、と感じた。

そんなに多くないが、何名かのこの症状のクライアントの方は、

間違いなく、なにかの側面で几帳面であり、完璧主義者だった。

なぜ、何らかの側面という表現をするのかというと、

完璧な几帳面な人や、完璧主義者などいないからだ。

当然その側面は、百人百様なのだ。

少なくともうちの奥さんは、

とあることに対して、こうでないといけないという価値観をもっており、

それを遂行でいない自分を責める。

遂行できない環境も攻める。


いづれにしても、まずは痛みを何とかしなくてはいけない。

しかし、心理的背景があるので、

痛いといっている箇所をどうにかしても短期間しか効果が続かない。

脳が過敏になっている中枢感作状態なので、

その発火している脳の部分を鎮火するために、


痛みに関連するトリガーポイント部分に手を置き

同時にクラニオのタイドを感じることをした。

現在、奥さんの症状は、

ほとんどなくなるまで緩解した。

間違いなく、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは

その手の痛みに絶大な効果を発揮する。


今奥さんは、毎朝早く起き、洗濯をして、家のことをしないと

機嫌が悪くなる。


それを阻害する僕の行動は、

彼女の価値観から逸脱しており、


なにかに駆り立てられるように洗濯しているのをみて、


もう少しユックリしてもいいのにという

朝はまったりしたいという自分の価値観と


この彼女の行動のを阻害することは、また彼女の疼痛を

引き起こす可能性があるということを思いの間で、

普段の行動より動きをを緩慢にさせる。


心理的疼痛の症状は、

その人の周りの関係性と相関する。


全体的関係性を理解しつつ。

知りたくない、見たくない自分を

理解して初めて、症状は軽減する。


それが真実だ。


« B型肝炎キャリア | トップページ | ゲシュタルトの祈り »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/58743068

この記事へのトラックバック一覧です: 線維筋痛症:

« B型肝炎キャリア | トップページ | ゲシュタルトの祈り »