2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 交絡因子ってなに? | トップページ | ポリヴェーガル理論 »

2014年6月26日 (木)

第一回 クラニオセイクラル・バイオダイナミクス(静中心法)セミナー 報告


こんにちは、


白石@クラニオアイキ です。

いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。


少し時間が経ちましたが、報告です。


去る6月20日


静中心法(旧名、静中心系メソッド)を切り口としたクラニオセイクラル・バイオダイナミクス

のセミナーが終わりました。


合気道でいうところの中心帰納にヒントを得て、


それを瞑想的質感のトリガーにすることで、


プラクティショナーが、思考的に、感情的、身体的に偏りがちな状況を


ニュートラルに立ち返る手法を学びます。


繊細で、深いセラピーですので、


そうでないセラピーや手技よりも、


プラクティショナーの姿勢、エゴ、思い込み、無意識的な思考、感情パターンが、


クライアントに悪い影響を与えてしまいます。


そういうことをなくすために


どういうことをする必要があるのか。


どうあるべきか。

残り5回、3か月間を通して、


お伝えしたいと思います。


今後とも、よろしくお願いいたします。


« 交絡因子ってなに? | トップページ | ポリヴェーガル理論 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/56612151

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回 クラニオセイクラル・バイオダイナミクス(静中心法)セミナー 報告:

« 交絡因子ってなに? | トップページ | ポリヴェーガル理論 »