2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 僕の愛読ブログというよりコラム(デフォルト・モード・ネットワーク) | トップページ | 違うインスティチュートで勉強した方にセッション »

2013年3月 7日 (木)

次亜塩素酸ナトリウム

首に掛けるだけでウイルスや菌を除去できる「空間除菌」効果をうたった


「ウイルスプロテクター」を使用した人がやけどを負う事故が発生しているとして、


消費者庁は18日、直ちに使用を中止することを呼び掛けた。

消費者はもっと賢くなければならない。


人は無知(智)ではいけない。

それは、現在日本の社会における義務教育から始まり、


高校、大学に至る偏差値偏重の勉強をもっとしろということではない。

もっと、本当のことを知らなくてはいけない。


知ろうとしなくてはいけない。


ただ、情報が溢れていて、どれが真実かわからない。


沢山の宗教があり、沢山の神様いて、


それぞれの人達が、それぞれの神様、仏様を一番だと信じている。


俯瞰して見て横並びの宗教を一望してみると、


おかしいことに気がつくはずなのに、、だ。


それぞれの人達は埋没しているので、わからない。


つまり、埋没している人が無智(知)で、


俯瞰出来ている人がわかっているということ。

先にでた、


「空間除菌」効果をうたった「ウイルスプロテクター」を買う人は、

無智な人達である。

外側のプロテクトより、自分の免疫を強くすることに努めるべきだ。

免疫とは身体をある切り口からみたシステムの総称のことだから、

短期的に強くするという考え方も少し違う。

長期的に強くして維持させることを努めることが肝心なのだ。

つまり、免疫を強化するということは長寿を目指すことと同意語なのだ。

この前、テレビで遺伝子に関する特番をやっていた。


長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子のスイッチが入ると、


自動的に他の健康にかかわる遺伝子のスイッチも全てONになると言っていた。

ガン抑制遺伝子などの免疫を強化する遺伝子も発動するというのだ。

そして、その働きを稼働させるための効率的は方法は2つ。

”適度な運動”と”小食” なのだそうだ。

そんなシンプルなたった2つの事をせずして、

外側の強化に注力してしまう無智な現代の人達。

きっとそうなのだ。。。もっとシンプルなのだ。。。

シンプルに生きていれば、本来の力が発揮することが出来るのだ。

それを皆ややこしくしてしまう。

売る側はきっと複雑にしてお金を儲けたい。

それを買うのは無知な人達なのだ。

言いたいことは、


不思議なことに、どれだけ高等教育を受けていても

消費者側に立つと、よほど気をつけないと無知な人になってしまう。

この理屈は、普遍的な法則だ。

誤解を恐れずにいうと、

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスを学ぶにあたって、

神秘的な世界を理解する必要は全くない。

細かいテクニックを習得することにエネルギーを注ぐ必要もない。


この二つは、売る側にとっては複雑化させるのに都合がいい。


価値をあげる役割を担うこともあれば、


胡散臭くする要因にもなる。

ただただ、施す側は、


ニュートラルで、相手を受け入れて、


ある感覚を感じてさえいれば、


必然的に相手は変容していく。。。


というだけのことなのだ。

そこのところを信じて、続けることが重要なのだ。


売上増加目的のため、


今度、類似の塩素系製品を


とあるルートで、とある大手ドラッグストアーに


販売活動をすることになった。

人間とは矛盾した生き物ということが真理なのだ。


« 僕の愛読ブログというよりコラム(デフォルト・モード・ネットワーク) | トップページ | 違うインスティチュートで勉強した方にセッション »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

真理では無く、人為的世界の中の現象の1つであると考えます。
確かに、私達の社会が矛盾を内包していると考えられる以上、生きていく為には
仕方がない事ってたくさんあると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/50639014

この記事へのトラックバック一覧です: 次亜塩素酸ナトリウム:

« 僕の愛読ブログというよりコラム(デフォルト・モード・ネットワーク) | トップページ | 違うインスティチュートで勉強した方にセッション »