2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 試験当日 | トップページ | やさしすぎるボクシングジム »

2013年1月23日 (水)

タカツカ ヒカル


以前同僚だった人から、

今の会社を立ち上げるキッカケになった会社の社長だった人が

亡くなったという情報が入ってきた。

大手家電の会長だった人のご子息で、広告代理店最大手勤務の時に不正、

キー局のアナウンサーとの結婚で世間を賑わし、その後IT関連会社を立ち上げた。

その頃、そのIT関連会社のフロアーに間借りをして、今の会社は産声をあげた。

その後、経営も上手くいかず、横領の罪にも問われ、

今月大動脈瘤破裂で他界したというニュース内容だった。


ものすごい際立ったキャラクターの印象がある。

会社立ち上げの際、さすが広告代理店にいらっしゃっただけあって、

CI(コーポレートアイデンティティー)や会社名、ロゴ、カラー、、など、

とても綿密に決めていった記憶がある。

最終的には袂を別れた形になったが、

その訃報をきいて、もののあわれを少し感じる。


その人には、タカツカ ヒカルという知人がいると聞いたことがある。

かなり前、世間を賑わした伝説のヒーラーだ。

東急エージェンシー時代、危篤の母を“手がざし”で助け、超能力に目覚めたタカツカ氏。

その後は、各界の著名人らと親交を深め、幅広い“超能力人脈”を築いてきた。

テレビにもよく出ていた。そして、いつの間にかパッタリ表に出なくなった。


ネットで確認していくと、10年ほど前、赤字の会社の社長に就任して、

倒産の憂き目にあっているらしいとのこと。


本当に治せるなら治してもらえば良かったのに。。


ま、でも無理だっただろう。


おそらく、嘘だから。

嘘というか、プラセボ効果だったのだろうから。

運命たる死の前では、ただ受け入れるしかなかっただろう。


みんな勘違いしている。

本当に効果的なのであれば、もっと普及している。

その人にしか出来ない特別なものはない。

もし、そういう触れ込みでスタンドプレーする人がいるのであれば、

その人だけに利益が落ちるような状況なのであれば、

それは、おそらくまがい物だ。

ただ、世間の常識や教育が、

洗脳でもってして、ある目に見えない大切なものを

見えなくさせているという状況があるのなら、


それに気づく必要がある。


そうでないと、いつまでたっても騙されっぱなしだ。


世の著名な大変お金が儲かっている

占い師、預言者、スピリチュアル、教祖な方々は、

なぜに、東日本大震災を的確に伝えなかったか、

普段個人的ななことを詳細に、占い、予知して、

過去も未来もお見通し簡単なのに、

あんな大規模な出来事を、数多いるその系の人たちは、

声を上げて警告しなかったのか。

答えは簡単、 嘘だからだ。


でも、そんな嘘でも世の中の皆々様は信じる。

信じたいのだ。


嘘だと分かっていても、

占う側がいて信じる側が必要なシステムが確立しているのだ。


なんと懐の深いはなしだ。

そういうところが社会のアソビになって、チャント機能している。


毎朝、めざましテレビの今日の占いを見て、

それを信じる信じないは別として、一喜一憂して会社に出かける。


でも、出来れば ”気づいて” 真理を見極めたい。


おそらく皆そうに違いない。


クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは

極めて純粋にその真理に導いてくれる。


未来が分かるとか、過去はどうだったとか、

相対的に幸せになるとか、

魔法で病気を治癒させるとか、

命を伸ばすとかは、

そんなことは、些細なことなのだ。


瞬間瞬間を感じる訓練をする方が重要で、

真理に近づけるのだ。


それがクラニオセイクラル・バイオダイナミクスであり、

瞑想なのだ。

« 試験当日 | トップページ | やさしすぎるボクシングジム »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

ブログを少し読ませて
いただきました。
とてもバランスの良い方
なんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/48908023

この記事へのトラックバック一覧です: タカツカ ヒカル:

« 試験当日 | トップページ | やさしすぎるボクシングジム »