2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月22日 (月)

永山事件 (ある少年犯罪から見えてくるもの)

日曜日の夜中、永山事件なるドキュメンタリー番組をやっていた。

何気なく見ていたが、あまりにもの壮絶さに自然と引き込まれていき、

最後まで見てしまった。

事件の内容は、1968年、永山則夫という19歳の少年が無差別に
全国にわたり4人を拳銃で射殺するというものだ。

この事件の注目すべきは、

その少年をカウンセリングした100時間という長時間のテープからわかる
その虐待、貧困の内容が普遍的な問題をはらんでいるということなのだ。

不可解だったのは、この事件での精神鑑定書は初の試みで100時間にも及ぶカウンセリングが
行われたのに、裁判では活かされなかったということ。

犯罪を犯すのは個人だが、その背景に及ばないと根本的解決にはならない。

そうでないと裁判とは罰則の恐怖による単なる断罪システムとなってしまう。

一体 どうして この人がそういう行動に出たのか。

なぜ 少年は事件を起こしたのか。

当時世間は事件の原因はただ貧困にあるとされていた。

本人も証言を拒み続け、「早く死刑にしてくれ」と言うだけで何も語ろうとしなかった。

動機は「金欲しさ」ということだけで終始していた。

精神鑑定は問診や医学的検査更に写真や絵から受ける印象を選択させるテストなどを行い1か月ほどで

被告人の精神状態や性格の傾向を診断するのが通例だということだ。

しかし、従来の鑑定では十分ではないと考える鑑定士がいた。

そこでカウンセリングをということになったそうだ。

面接の初日小さい頃の記憶を問われた永山は生まれ故郷網走の風景から語り始める。

貧しさ、大所帯、1日中行商の母親。

バクチ三昧の父親。夫婦の破綻。

進学をあきらめた19歳の長女が母親の代わりに育児。

長女と婚約者との別れ、身ごもっていた子供の堕胎。精神病院への入院。

途方に暮れた母は、4人の子を捨てて実家の青森に帰ってしまう。 

一番幼い則夫はまだ5歳。


凍て付く冬にごみ箱の残飯をあさり、港に落ちた魚を拾い乞食のように生きて行く。

役場の働きで母親のいる青森へ送られる。

相変わらず母親は一日中行商。

兄弟から気絶するまで暴行を受ける。

母親からも父に似ているということで、暴行とネグレクトを受ける。

退院した長女が29歳で帰ってくる。

唯一やさしかった長女。

小学校から帰って来た時、近所の男と寝てる長女の姿を見てしまう。

子供を身ごもり産もうとしたが母親に止められ、堕胎。

永山は堕ろした子を墓まで運び埋めさせられる。

墓地には墓石が無く母に指示され家にあった漬物石を置く。

それ以降長女への嫌悪感が芽生える。

長女の精神病の再発。

行方不明だった父が突然現れ家に入ろうとしたが、兄たちが木刀で殴りつけ追い返す。

それから数年がたち父が死んだという知らせが届く。

長女とのことと父の死は

「自分はなぜ生まれてきたのか」という絶望と自殺願望の原点となる。


仲の良い友達もなくたまに学校に来ても何をするでもなく一人校庭を眺めているだけ。

手のつけられない不良少年とかいう事もない。

しかし 家では徐々に様子が変わっていく。

妹などに暴力を振るうようになる。

中学3年になって集団就職で町を離れる日が近づいてくると、

金がなく上京の準備もできず永山は呉服屋でワイシャツを盗む。

母はただ永山を疎ましく思うばかりで、

永山が集団就職で青森を発つ日、家族は誰も見送りにこなかった。

今までの人生で、彼はいい人間関係をほとんど持てていない。

社会性を発達させる機会がなく、絶望、自己嫌悪、自殺への思いを抱いて上京。


就職したのは渋谷駅前にある果物店で、

果物店の上司が永山が呉服屋でシャツを万引きした話を聞きつけて帰ってくる。

それを契機に、

1週間後荷物を置いたまま身一つで寮を飛び出し、職場を転々とし始め、

最初は必死に働くものの荷物を置いたまま逃げ出すという全く同じパターンを繰り返す。


行くさきざきで募る不安と猜疑心、人間不信、恐怖。

褒められた事も全部人間不信不信感につながっていく。

いい事してくれても被害妄想的になる。

最後にたどりついたのは 横浜や川崎での日雇いの港の仕事。

2日も続けて働けば足腰が立たなくなるような過酷な現場で、

何度も自分の手首を切りつける。

無口で小柄な永山はリンチの的になり、

むかし、暴力を振るわれた時と同様に「我慢していればいつか終わる」とただ耐える。

行く当てをなくし母のいる故郷青森に向かったが、

長屋で独り暮らしになっていた母親からは一切温かい言葉はなかった。

、、、、、、悲惨すぎる。


逮捕されて以降沈黙を守り、6年たってからカウンセリングが始まる。

東京拘置所の2畳半の独房。

永山は ここで多くの事を学ぶ。

そこで、母の生い立ちを知る。

母の子供を捨てるという行為は母親自身の生い立ちが関係していることを知る。

2歳のときに父が無くなり、再婚相手からひどい暴行を受け続ける。

自身の母親が起こす無理心中未遂。

母親にとって子供を捨てるというのはそんなにむごい事ではないという価値観。

悲劇の世代間連鎖。


永山はそれを知っていたらこの事件は起こさなかったと、つぶやいたという。

母親への憎悪は少しずつ、形を変えて行く。

この永山は間違いなく単なる貧困だけではなく、

虐待等による環境によるトラウマによるPTSDであった。

人格とは適正な環境に育つことにより成熟と統合をなし形成されていく。

その機会を得ることが出来なかった。悲しいことだ。

この事件はそこを考慮しなければ、


そこを社会にフィードバックしなければ何の意味もない。


永山は 逮捕されてから28年間獄中で勉強を続けたという。


作家として活動するようにもなる。


被害者遺族には印税を送り続け、二審が始まる頃獄中にありながら妻を得る。


母親に手紙を送り始め、母を許し自分自身に向き合おうとする。


母と長女に印税から仕送りを続ける。


48歳になった夏絞首刑が執行される。


信頼する力、意欲的な気持ち、自律しようとする思い、継続的努力、許容力


というものは、人からの愛情、尊重という心の栄養をもとに育てられなければ実らない。


母親からの愛情は、特に重要だ。


安らぎの場所がなければ、不安、恐怖に縛られたままとなってしまう。


その状況は、PTSDの症状として、脳の海馬という部位にも影響を及ぼすという。


ここまで絶望的な人生を送っていても、


この永山は自分の心の成長を成し遂げる。

独房という中にあっても、


理解者がいて愛と尊重をもって接する人がいれば、


そして、自分の無知を知り、向き合い、


全体を理解するチャンスを得れば、


受け入れることができ、許すことができるのだ。


このプロセスは全ての癒しのベースなのだ。

2012年10月18日 (木)

合気道を信仰する。

合気道は宗教ではない。

当然の話だ。


しかし、宗教に匹敵する思想を信仰をしなければ、ある領域には到達しない。

合気会の開祖、植芝盛平翁は大本教の教えと合気柔術をマージして解釈した。

それが植芝先生の合気道の思想となった。


しかし、現在 合気会の教えには、全く宗教色はない。

それどころか、ホームページをみても、思想の色もうかがえない。

おそらく万人受けするために意図的にそうしているのだと思う。

だから、そこに属する各支部団体は思想的にバラバラだ。

型にたいする解釈も師範によってかなり違う。

偶像崇拝する傾向と、組織のトップが血縁者で受け継がれる。

将来的に、組織の衰退と分裂する要素を限りなく孕んでいる。

今の世代の師範の中で保てていた均衡は、次世代ではバランスが

崩れる可能性は多分にある。

養神館を見てもよくわかる。

最近、「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか」 島田裕己著

という本をよんだ。

日本の各仏教宗派の歴史をわかりやすく書いてある。

極めて簡略的にいうと、

元々、仏教はお釈迦さんから始まり、伝搬するルートによって、

様々な解釈(地場の宗教思想)が付け足され、

日本には中国経由のものが大乗仏教として伝わった。

古くは全経典を勉強する学問だったのが、どの経典を珍重するかによって

学派となり、宗派と変わっていく。

だんだん宗派によって派閥ができ、闘争もおこる。

権力も持ち、時代ごとに新興勢力もでてくる。

宗祖となった人たちは、大概一通り勉強したら、

解釈によって言いたい放題なことをいい一派を作っている。

言ったもの勝ちな感じだ。

同じルーツなのに、

かたや浄土思想を謳い、

かたや禅という瞑想のみが全てという。

禅自体もかなり様々な種類がある。

一体どれが正しいのかわからない。


おそらく、どの宗派もちょっとづつ正しい。

そして、そしてほとんど、それぞれの創始者が作りだしたファンタジーで占められる。

でも、そのファンタジーを創始者は本気で信じていた。

決して嘘はついていなかった。

だから、信者も信じることが出来た。


つまり、それぞれの宗派にはコアとなる真理が必ずある。

それは、よくよく見定めると全宗教共通かもしれない。

今の段階で、それを僕の口からはハッキリとは言えない。


でも、きっとそうだ。


そして、その真理はそんなに複雑ではないのではないか。

きっと、シンプルなものだ。

浄土、地獄、前世、後世、霊、お化けの類は話をややこしくする。

お葬式の最初は禅の曹洞宗が始まりとも書いてあった。

思想的にはものすごく矛盾する。

でも今となっては文化となり、それはそれで構わない。


でも、出来ることなら、

余計なファンタジーなストーリはいらないので、

真理のみを教えてほしい、、、

もしくは真理の方向を指し示してほしい。

そういう思想を学びたい。

話を元に戻すと、

分裂、もしくは衰退する組織は、

一貫した思想がないか、

ちゃんとそれが受け継がれていないということだ。

それは、決して統制を取るためのヒエラルキーをつくことでもなければ、

偶像崇拝をするということでもない。

誰もが口を開けば、同じ教えを表現できる、

ちゃんとした思想・考え方を伝えて行くことが重要なのだ。


これからの合気道は、この不安定な時代においては

そのことが必須なのだ、


と思う。

成新会合気道はそれに適う合気道だと断言する。

2012年10月17日 (水)

上手く行っていない流れを好転させることは非常に難しい。


日本の今の停滞感は、今までのシステムの延長線上での停滞感だ。

よほどのシステム変更をしない限り、この流れは変わらない。

同じシステムで方向を変えるにしても、

規模が大きいので、その舵は重くてなかなか急には切れない。

本当に急転させるのであれば、システム自体を劇的に変える必要がある。

現在の日本のリーダーは穏やかにシステムを変えようとしている。


民主党がどれだけやっても、戦後自民党が培ってきた仕組はなかなか変えられない。


どれだけ、橋本さんがリーダーシップを示しても、旧態依然の政治家に接触しなければ、ままならない。

そもそも、自分自身を変えることすら大変なのだ。

基本的に、人は皆、安心、安定を望む。

状況が芳しくなくても、その路線を変更するにはエネルギーがいる。

今までのシステムに乗っているだけなら、おそらくどんなに強いリーダーでも

たぶん、変わらないだろう。

もしこの状況を打開したいのであれば、

全く違うシステムを導入しなければ、たぶん達し得ない。

お利口さんの集団である官僚が操る現システムを変えない限り

変わらない。


もっと言うと、そのシステムに埋没している国民個人個人の意識も変えなければ

ならない。

個人にとって、システムとはどういうものだろうか。。

大まかに分けると2つだ。


一つには、生命体として、自然に基づいてい生きているシステム。

もうひとつは、社会のシステムの中で、それに合わせて生きて行くという

感情や思考というシステムがある。


人はその二つのシステムに折り合いをつけて生きている。

人によってその折り合いの付け方が違う。

その折り合いの付け方で皆悩むのだ。


そこを理解しないと、どうどう巡りとなる。

同じ過ちを何度も繰り返す。

おそらく最初、社会のシステムはシンプルなものだった。

貨幣経済になるまえ、物々交換で成り立つ社会は、

狩猟してきた得物を仲間に平等に分配していた。

貨幣が発明されて、貧富の格差が出てきたということだ。

シンプルだった社会にいろいろなシステムが継ぎ足され複雑になっていく。

そして、そのシステムに人間が適応しなければならなくなった。


そこで、出来る出来ないで比較が生まれてくる。

それが病(やまい)の原因となる。

みんなもっと、それぞれを尊重して生きて行くべきだ。

比較せず、比較されず、認めることを習わなくてはならない。


そんなに周りを気にしなくても良いではないか。

そこそこ出来ていれば問題ない。

だから、本来備わっている自然に基づくシステムに気づき、

意識し、大切にすべきなのだ。

もっと瞑想的な感覚を身につけた方がいい。

自分を晒し、自分と向き合うことを意識した方がいい。

変わる覚悟をしなければならない。

そういう考え方が浸透することで、病がへり、

身を呈して劇的なシステムを導入する覚悟のあるリーダーが出てくる

下地が作られるのだと思う。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは その考え方の浸透の一助となる。


2012年10月11日 (木)

カウンセリングとクラニオセイクラル・バイオダイナミクス

前回の土日で1年間の産業カウンセリングの講習会が終了した。

カウンセリングの基本を教わった。

今後どういう風に深堀していくかは、自分次第だ。

習った皆さんもそうだろう。

間違いなく、持って生まれた性格もあるし、生まれ育った環境が違うし、

それによって考える癖もマチマチだ。

ただ、カウンセリングの基礎として下記は絶対的条件として教わる。


①対等な同じひとりの人間としてありのままに率直に純粋に相手と向き合う。
  それは専門家的、権威的態度で接することではなくということ。

②自分を理解していること。つまり、現実の経験の中での自分と自分が思っている
  自分がチャント一致していること。(自己一致)

③とにかく徹底的に傾聴する態度

④相手の経験、環境、感情、想い方を最大限共感的に理解すること。

⑤無条件に相手を肯定的に尊重し、積極的に受容する。
 相手の価値観と自分の価値観を比較したり、批判したりしない。

これがなかなか出来ない。

自分の中の価値観が顔を出す。

さっき言った、生まれながらの性格、生まれ育った環境によって作られたキャラクターが


表出し邪魔をする。


自分のなかでは、

上の5つは全部大切なのだけれど、とくに②がポイントだと思っている。

②、、つまり自己一致とは、

自分を知るという努力をしなければならない。

自分を開示する勇気を持たなければならない。

知らなかった自分、嫌な自分を

目をそらさず受け入れる覚悟をしなければならない。

そうすることによって、いい意味で、

カウンセリングの内容や質感に自分らしさという味がでてくるのだと思う。

このカウンセラーの基本的態度があって始めて

クライアントは内省が始まるというのだ。

カウンセラーという相手を前に対話をしながらにして、

クライアントの自問自答が始まる。

自問自答?!

Who Is In では意図的に公案というツールを使いその自問自答を行う。

表情を変えない相手の目を見続け、

自分の中に誰がいますか、、、と問い続ける。

自分のストーリから始まり、自分の中にいる不安、恐怖、様々な感情、

今ここの感覚、、ありとあらゆる自分のことを吐き出していく。

カウンセリングの内省はもう少し穏やかに、自然に対話の中で

そういう形になっていくのだと思う。

このカウンセリングの基本は、Who Is Inと同様に、

間違いなくクラニオセイクラル・バイオダイナミクスにも有益に働くに違いない。

この自分への理解と相手を受容するという思想は、クライアントのダイドモーションを

感じる為の共感というか、一体感というか、全体性というか、

そういうクオリアを感じるための重要性を限りなく裏付けする。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションの中では

フェルトセンスに焦点を当てた対話を進めていく。

そして、トラウマタイズされた体や感情や思考にお互いに気づいていく。

それなりの手法はあるのだが、やはり基本はクライアントの自分への向き合い方を

つまり、内省をどう促進させるかということが重要になる。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスだけではない、おそらくその他ボディーワーク、

整体、セラピー ひいては合氣道でも同じことだとおもう。

このカウンセリングの基本となる来談者中心療法の創始者カールロジャースは

最後にはすこしスピリチュアル的にもなったと聞く。


今回参加したクラスのメンバーは皆なんらかの変容をし、成長した。

20代から60代のすべての年齢の人が、

繰り返しだが、間違いなく成長した。


« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »