2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« やったもん勝ち | トップページ | カウンセリングとクラニオセイクラル・バイオダイナミクス »

2012年9月18日 (火)

Who Is In リトリート

3泊4日の Who Is In リトリートは、

相変わらず強烈で、”静寂”を感じるための有効なツールであり、

僕にとって、もっとも近道を約束してくれる。

”静寂”といっても、それぞれ個人が感じる質感なので

参加する皆が同じ感覚なのかは到底わからない。

何回か体験しているので、その感覚にインテンシブにたどり着こうとする。

それはとても自分のなかでテクニック的で違和感を感じた。

それを批判的に観ている自分がいる。

またそれらを観ている自分もいる。

どれが本当の自分なのか。

批判的に観ている自分の方が正しいと思い込んでいる自分がいる。

変にストイックなところがあるので、心地いい静寂を求めることに違和感を感じる自分がいる。

かと言って、さらに静寂を深めようとインテンシブになるのも止めた。

そこでただただ感じている感覚を味わうことにした。

すると、暖かいものがこみ上げて、顔が緩んだことを覚えている。


Who Is Inは思考を切り口とした瞑想だ。

その都度、出てくる思考(マインド)は毎回手を変え品を変えトリックを使う。

そのマインドは自分が正しいと主張する。

なぜならそのマインドは自分が生きてきた証(あかし)だからだ。

それを否定することは自分を否定することになる。

その作業はとてもしんどい。

そういうことを理解しなければならない。


”今ここ”で心地よさを、感じている、

それに没頭している自分。

それでいいのではないかと思った。

目に見える映像が溶け出して一つになっていく。

そこには今まで吐き出していた不安や心配事はない。

その瞬間の感覚だけが存在している。

一夜明けて今日、

出社して会社の存続に関わるトラブルについての

社内ミーティングがあった。

昨日からの質感が継続しているので、そこに不安や心配事は微塵もない。

今そこにある問題点を冷静に対処できる感じだ。


大なり小なり様々な問題を目前にしている人たちにとって、

このワークはもってこいだ。


どれだけお祈りをしても、問題の状況は変わらない、

現実を受け止めて淡々と最大限の努力と処理を遂行するしか手立てはない。

変えられるのは自分の心の中だけだ。

会社が潰れるかどうかの成り行きは運次第。

そこに必要なのは覚悟だけだ。


何回もいうが、この考え方は合氣道でもクラニオセイクラル・バイオダイナミクスでも

共通だ。

ファシリテートしてくれた先生ありがとうございました。

人里離れたリトリートから帰る間際

山に虹がかかっていた。


とても綺麗だった。

写真の虹見えるかな。


Photo_3

« やったもん勝ち | トップページ | カウンセリングとクラニオセイクラル・バイオダイナミクス »

who is in (awareness inetnsive)・公案禅・瞑想」カテゴリの記事

コメント

satori ,who is in,どれも、最高のせらぴー!バイオダイナミックスも最高じゃ、ただ、やってるひとがすくなくて、私が、やってもらいたいとき、必要なときに、やっってもらえない、こまる。とても。

ほんとにそうですね。
もっとポピュラーになって欲しいものです。
そのために、なにか一助できればと思ってます。
それでは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/47119362

この記事へのトラックバック一覧です: Who Is In リトリート:

« やったもん勝ち | トップページ | カウンセリングとクラニオセイクラル・バイオダイナミクス »