2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« マンツーマン稽古  | トップページ | 目に見えないことは何とでも言える。 »

2012年8月22日 (水)

想い


人間、みんな想いのなかで生きている。

その想いは皆それぞれ違う。

ものすごく違う。

そして、その想い方によって、人は変わるということが、

成新会合気道 一元塾の合気道をやっていてよくわかった。


対立という状況にある感情や思考は固執を生む。


それを無くすには、想い方を変えるしかない。

決して身体操作の切り口で解決はできない。

成新会合気道はその想い方を教える。

しかし、想い方は手取り足取りでは教えられない。

だから、難しい。

だから、質感をつかみ、自分にフィードバックさせていくしかない。

センスがいる。

想いが変わると動きの質が変わる。

気持ちも変わる。

それを感得することが受身をするということなのだ。


殺しに来た敵が、恐怖に居着いている相手を攻撃するのは手応えがある。

しかし、相手が恐怖という感情がなく、不安な思考もない状況だったら

殺しに来た敵は、手応えがあるだろうか。


そして一元塾では、その想い方の中で自然に動ける動作の稽古をしていく。


こちらの対立した想いとは全く無縁な想いで、

そして無意識的に自然な攻撃をしてくる敵がいたら。

恐ろしくて近寄れない。


重要なのは想い方、つまり考え方なのだ。

こちらの想い方は自分を変え、相手をも変える。

考えが変われば動きもかわり、行動も変わる。。。


こんなことは、心理学やいろんなところで話されていることで

頭だけで、みんな知っている。

武道においてどういう想い方が有効なのか、

成新会合気道 一元塾でどういう想い方を教えているのか、

その場に来て、それを習うしかない。

先生を触るしかない。

言葉を理解するだけではわからない。

想い方には質感(クオリア)が伴うからだ。


新成会合気道は強くなることを教えるのではない。

上手になることを教えるのではない、

強くなること、上手になることは結果であって、

本質は、想い方を教えることなのだ。


これは、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスも同じことだ。


約1年前、同じ題名でブログに書いていたことがわかった。

少しは成長の跡は見られるだろうか。。。

↓↓↓(オモイ)

http://cranioaiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-52c8.html


« マンツーマン稽古  | トップページ | 目に見えないことは何とでも言える。 »

合気道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/46783753

この記事へのトラックバック一覧です: 想い:

« マンツーマン稽古  | トップページ | 目に見えないことは何とでも言える。 »