2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 素振り | トップページ | 社会に適応するということと合気道。 »

2012年6月 8日 (金)

先回りして考えるということ。

お利口さんでいなさい。。。


という親や社会からの教育は、


気の利く子供にとって、


無意識的に先回りして考えることを強要する。


そして、褒められることで更にその無意識は強化される。


無意識だから、気づかずにその思考をやっている。


それは思考のクセだ。

この前、カウンセリングセミナーの中で、


ファシリテーターから指摘され気がついた。


ぼくは、常に無意識に、


相手の考え、感情、を先取りしようとして、頭をフル回転させている。


そして気の効いた答えを用意しようとしている。


お利口さんでいようとしている。


相手の、今ここの感情を理解してあげれば良いだけなのに。


先回りしても、必ずしも正解とは限らない、むしろチグハグになってしまう。


チグハグになっている状況を回復させようとして焦りの感情が露わになる。


相手のことより自分のことで精いっぱいになってしまう。

合気道に置き換えて考えてみた。


相手の攻撃に対して、先回りして防ぐ、避ける。


自分だけ無傷で助かろうとして、相手の考えを攻撃を予測して、


一番効果的なスピード、タイミング、角度を


頭をフル回転して、都合のいい防御をする。


でも、攻撃は毎回パターンが違うので、


予測してやっても上手くいかないことのほうが多い。


うまくいかない状況を回復させるために、更に踏ん張って立て直そうとする。


それよりも、


目の前の攻撃に惑わされず、


今ここの瞬間で相手の中心を攻めた方が効果的だ。


ただ、自分は無傷でいようなどというエゴを差し挟まないことが条件だ。

先回りして考えても何も良いことは無い。


不安になるばかりだ。


今この瞬間全力でやるばかりだ。


« 素振り | トップページ | 社会に適応するということと合気道。 »

合気道」カテゴリの記事

コメント

確かにそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/45576463

この記事へのトラックバック一覧です: 先回りして考えるということ。:

« 素振り | トップページ | 社会に適応するということと合気道。 »