2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 社会に適応するということと合気道。 | トップページ | 自称物理学者 »

2012年6月28日 (木)

この世に、無病息災はない。

それは理想だ。

健康とは、ある範囲にいるということだけなのだ。

血液検査では数値化されて、範囲内にいるか、いないかは明確だ。

範囲内でも、必ずしもホリスティックに健康とは限らない。


痛み、不快なども間違いなく基準になるが、

人によって主観が働き、受け取り方が違うので、その客観的数値と一致するわけではない。

個人が健康の範囲でも、家族、属する組織や、社会が病んでいるという考え方もある。

僕も含めて、健康が当然だと思っている人が多くいる。

そして無意識的だ。

病いという認定を受けて始めて、愕然とし、初めて認識する。


その状況にならないように、限りなく努力をしろ、ということではない。

そうなったら、諦めろということでもない。

そうなることを覚悟をしておけということなのだ。

質は違うが、老いもそうだ。

究極のアンチエイジングでも老いは止められない。

それも、諦めるのではなく、

同じく、覚悟をしておけということなのだ。


もっというと、

誰もが、病や老い以上に、死に関して無意識的だ。

なぜなら、病や老いはプロセスを現すが、

死は瞬間を現したものだからだ。

自分の死に関しては、自分は知ることはない。

誰もが100%死を体験するのだが、その瞬間以後は自分は無くなるのだから。


死を無視することは簡単だ。

積極的に向き合うわなくても今は困らない。

つまり、死を思うことは、とてつもない想像力がいる。

経験として語り継がれることもない。

想像するしかない。

そして、死は、病いや老いの延長線上ではなく、

常なる瞬間にあることを理解することが大切なのだ。

そこまでくると、病いも老いもある意味、享受できるのかも知れない。


瞬間を極めれば、楽になるなのだ。


世の中の皆がそうなると

皆が楽観的になり、社会も良くなるだろうに。


それを意識的に、稽古できる場としては、


「Who is in」成新会合気道一元塾がうってつけだ。


でも、当然ながらムズカシイ。

« 社会に適応するということと合気道。 | トップページ | 自称物理学者 »

合気道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも興味深く読ませていただいています。
私の最近の悩み、、というか、私的には深刻なこととおもっていることがあります。
少し前からですが、突然、息苦しさを感じることがあります。呼吸がうまくできず、深く吸っても浅く吸っても息苦しいのです。そうなるととても基本的な呼吸の仕方が分からなくなり、不安に駆られます。ただそれは、あまり気にしすぎなのだろうと、今日まで放っておいたのですが、今日たまたま息子の通っている柔道チームの試合を応援している最中にまた息苦しさを覚えました。あ、いつものアレだと思い、苦しさを耐えて応援をしていたのですが、そのうち両手のひらがしびれはじめ、やがて気が遠のくような感覚になりました。さすがに周囲の方が気づき、横にしてもらったのですが、こんな症状は初めてです。この症状をネットで調べると「パニック障害」と出てきます。まさか、自分が?
あり得ない病名です。もともと私は低血圧で、今日も帰宅して計測すると上が74しかありませんでした。低血圧症なのかパニック障害なのか、どちらにしてもこれからは注意が必要のようです。何を書いているのかだんだんと分からなくなってきました(+_+)
お元気でヽ(^o^)丿

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/45978962

この記事へのトラックバック一覧です: この世に、無病息災はない。:

« 社会に適応するということと合気道。 | トップページ | 自称物理学者 »