2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 練習会② | トップページ | だから、むずかしい。 »

2012年3月27日 (火)

産業カウンセリング


この名前を聞いて、すこし堅苦しい感じがするかも知れない。

しかし、やっていることは、限りなく純粋に

カールロジャースの来談者中心主義の技法を学んでいく。

ひたすら傾聴の技法を訓練していくのだ。

ちょっと、来談者中心療法をググってみると。


カウンセラー側の知識の量や権威は不必要とされ、

それよりも、カウンセラーの態度、

すなわち、①無条件の肯定的関心、②共感的理解、③自己一致をどう実現するか

が重視される。

カウンセラーの態度条件を満たすためには、

カウンセラー自身の自己実現が求められる事となる。

さらに、後期のロジャーズや現在のロジャーズ派においては、

プレゼンス(人がそこにいる事)という概念が重視されるようになった。

とうことだ。

つまり、カウンセラー自体が、人間の性善を限りなく信じ、自分を見つめ、自分を信じ、

クライアントの成長力、治癒力を信る、、そういう思想を染み込ませないといけないのだ。


とても理解出来る。


なぜなら、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスも全く同じだからだ。

きっと、様々な心理療法があるが、切り口が違うだけで基本は同じなのだろう。

それぞれのシキタリ、価値観のもとクライアントへの介入の度合いが違うだけなのだ。

ちなみに、

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは、ほとんど何もしない。

相手への敬意の念をもって、

ただ、手を添えているだけ、ただリズムを感じているだけ。

そして、最低限の意図以外は、ほとんど頭の中を空にして、

リズムを感じているだけで、クライアントにある種、改善が現れる。

アンバランスなリズム、カオス(混沌)の状態から、

スティルネス(静寂)を経由して整ったリズムが現れる。


カウンセリングでは、当然ながら相手の体に触れない。

言葉の応答のみでクライアントの変容、成長を促す。

間違いなく、口先だけでの応対や、心ここにあらずの状態では、

そこには至らない。

言葉だけでなく、雰囲気を察する能力はとても重要な要素となる。

クライアントがとても感情的な言葉、雰囲気を出していた状態から、

沈黙を経由して自己洞察が現れる場合が多くある。


やっぱり、どこか似ている。


« クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 練習会② | トップページ | だから、むずかしい。 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/44653709

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセリング:

« クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 練習会② | トップページ | だから、むずかしい。 »