2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 考え方でかわる。 | トップページ | その問題は問題でない。(クラニオセイクラル・バイオダイナミクス) »

2012年2月24日 (金)

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 練習会

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの練習会があった。


久しぶりに、1つの空間で、6ペアが、その雰囲気で練習する。。


自分だけで続けていると、どうしても我流になってしまう。


自分の拙さを、相手に指摘してもらう。

自分の感覚を開示していく。

そして、それをみんなでシェアしていく。


改めて、良い勉強になった。

根源的なそのワークは、

本来のその人の性質も含め、

とらえ方、考え方、意識、経験による自信の有無、、

なんかが そのワークの質に出る。

やる方にもやられる方にも出る。


そこを素直に感じ、素直にフィードバックする。

相手を見ながら、フィードバックする。


自分も相手も、成長するように、

出来るだけオープンマインドで、

自己開示し、自己受容する。

相手を認め、相手と共感する。


始まる前は、どんな人に対しても不安がよぎる。


殆ど触れていない状況でも、圧迫を感じるくらい

センシティブになるのがこのワークの一つの側面なのだ。

そういう状況で、繊細なタッチが、出来ないのではないかと、

そして、リズムを感じられないのではないかと、恐怖すらでてくる。


弛緩することに、集中する。

決して、1つの事に集中しないようにする。


体の緊張は、弛緩集中を阻害する。

姿勢が前倒しになり、両手が硬直し、お腹も堅くなる。


だから、おなかを緩め、骨盤の坐骨結節が均等に体重が掛るように、、、


相手に対して、何かしようというより

自分を整えることのほうに意識をそそぐ。


その日のセッションのパートナーは2人で、

2人とも女性でした。


お二人とも、当然ながら其々の感性をお持ちで、


ぼくの感性と相まって、


違う質感の気持ちよさがあった。


様々な感覚が現れた。


本当にクラニオセイクラル・バイオダイナミクスは素晴らしい。


上に書いたいろんなこと、ほとんど、合気道も言えることなんです。

ではまた、みなさん、よろしくお願いします。

« 考え方でかわる。 | トップページ | その問題は問題でない。(クラニオセイクラル・バイオダイナミクス) »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/44249829

この記事へのトラックバック一覧です: クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 練習会:

« 考え方でかわる。 | トップページ | その問題は問題でない。(クラニオセイクラル・バイオダイナミクス) »