2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« スーパーエゴ | トップページ | 動物学校 »

2011年8月31日 (水)

システムズアプローチ

心理療法の分野に


システムズアプローチ(家族療法)という手法があるらしい。


病を表現している人そのものを悪とせず、

その背景にある家族のメンバーとの関係性(システム)を観ていくということらしい。

その人たちの見解では、個人の無意識に、その家族システムが少なからず影響していて、

そのシステムの観点から個人の病をコントロールしていくという考え方のようだ。

たとえば、登校拒否になっている子供の家族に関していうと、

その子供の心理に働き掛けるというやり方ではなく、

お母さんの育て方が悪いとお母さんを悪者にするわけでもなく、

お父さんが家庭をないがしろにする仕事人間ということでそのお父さんを悪者にするわけでも

なく、浮気をしている夫の肩を持つ姑を悪者にするわけでもない。


現在の硬直した現実、、

ここで言うと登校拒否に陥っている子供の現状の後ろにあるシステムのみに介入していく。

ここで、この介入する人は

元来何年か前にそうであった懐かしき理想の家族に戻ることを目的にするのではないという。

クルクル回って進展しない

先頭と最後尾のつながった蟻の行列の輪を断ち切る作業をするだけなのだという。

その断ち切った後は、おそらく元に戻るというよりも、

以前より、変化(成長)した家族の在り方が現れる。


昔からよく似た方法がある。

除霊する霊媒師なんかがそうだ。

この場合、家族でなく、悪霊が悪者なのだ。

だから、家族全員心を一つにして悪霊退治にエネルギーを注ぐ。

誰も悪くないのだから誰も傷つかないというわけだ。

このシステムズアプローチは、合気道にも深い示唆を与えてくれる。

目に見える攻撃にのみにとらわれている対峙者は

攻撃してくる、手、刀のみの対応に追われることになる。

出来るだけ自分だけ無傷で勝ち残りたいという調子のいい考えを持っている。

その状態では 1対1の戦いではなんとかしのげるかもしれないが、

1対2、1対3の戦いにおいては、立ち行かなくなってしまう。


ではどんな目の見えないシステムを感じ、対応していく必要がるのか、

相手と自分との、緊張、怒り、恐怖、不安、焦りでやり取りする関係性(システム)

を出来るだけ無という心境において、客観的に観る訓練をする。


ガチガチに緊張して居付いた体勢で攻防するのではなく、

全体を見渡すようにスッとした楽な姿勢で、最悪相打ちで殺られることも

覚悟して敵と相対する。


昔の武道の達人は、システムに働きかけるほうが上手くいくということを理解していた。


心理療法や、武道、だけではなく、全てに対して同様に言える。

今の社会にしてもそうだ。

この栄華を支えている社会システムは、英知としての原子力発電を生みだした。

システム的にそれなくしてこの社会は支えるのに難しくなっているのではないか。

ということは、悪いのは目に見える原子力発電でも東電でもない。


おそらくシステム自体を見直さないと駄目なのだ。

家族療法ではないが、もう昔と同質の幸せを期待してはいけない。

変化していくことを、覚悟しなければならない。

生き残ることに関してもっとも必要なのは、そのシステムに

適応できる強さなのではなく、柔軟に違うシステムに移行できる

変化する能力とその覚悟なのだ。

« スーパーエゴ | トップページ | 動物学校 »

合気道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/41431327

この記事へのトラックバック一覧です: システムズアプローチ:

« スーパーエゴ | トップページ | 動物学校 »