2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« Who Is In | トップページ | 愚痴聞き屋 »

2011年7月 5日 (火)

顔面ワーク


クラニオセイクラルバイオダイナミクスでは、顔面骨に対してとても深い施術を行う。

骨の一つ一つの位置、縫合、動きなんかを認識し、どういう風に動きを感じ、

どの方向に働きかけるか、解剖学的なことを教わる。


でも底流にはブレスオブライフのポーテンシー、、、とかいうエネルギー的な発想や、

ミッドタイドを感じ、ステートオブバランスを知覚する。。なんていう感覚的なことも教わる。

アメリカ発祥のオステオパシーが、万人が認めるアカデミックな医学として認められる為に、

そして大学という教育機関を設立するためにすこしオカルトっぽい発想に蓋をし、

後付けで、分析的、学術的な見解を付け足していったのではないかと

勝手に想像をしてしまう。

もしそうだとして、現在このバイオダイナミクスという流れが途絶えず、

現在 関西の女性の先生に教えてもらえている、、

まさに奇跡的な巡り合いだ。 

このセラピーは、当然ながら日本では国家資格はない。

また、厚生労働省はこれを医学として認めることはできないだろう。

逆に、もし国家資格化したら一番大切なもの、を排除するにちがいない。

それは、先ほど話したブレスオブライフやなどといった怪しい、あやふやなもの。

でも、普遍的なもの。


その、あやふやな、不確かな、普遍的なものをその関西の女性の先生は

腑に落とすように教えてくれる。気づかせてくれる。


そいうものをもっと早くに知りたかった。

こういうことを学べる場が、日本ではどのくらいあるのだろう。

現在の日本教育の流れで、16年間学んでも、それを教えられる

ようにはならない。


話をもどして、

顔面の小さな骨、、篩骨(シコツ)、鋤骨等、を認識してワークする、、

このクラニオセイクラルバイオダイナミクスを最初に考えた人って、

天才ですな。

« Who Is In | トップページ | 愚痴聞き屋 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

virgoなぞの関西の女性・・・、見かけは、まったくもってボディセラピストには見えない、っと思っている。関西の女性と呼ばれるよりは・・・大阪人と呼んでもらいたい、ってのは、大阪人のさが。さがとは、もってうまれた性質。えっ?ブレスオフライフ? そんなもん、厚生労働省?が認めるわけにいかんやろう。生モンは思い道理にいかんからね。見逃したらそれまでよ。ふすまに描かれたトラをどう仕留めるか、それはあんた次第やね (^^)

失礼しました。大阪の女性でした。僕も東京へ出てきた関西人なのですが大阪人のサガを忘れてました。でも滋賀は関西では無いんでしたっけ大阪の人からすると、、それはそうとカッコイイかつコメントありがとうございます。うれしさとともに身が引き締まりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/40687789

この記事へのトラックバック一覧です: 顔面ワーク:

« Who Is In | トップページ | 愚痴聞き屋 »