2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 整体の先生とのセッション 第4弾 ⑨ | トップページ | 会社の女性社員ともうすぐ社長になられる方の施術 ⑩⑪ »

2011年6月14日 (火)

敵愾心(てきがいしん)

稽古をしているとき、意外に気づいていないのが、「敵愾心」 である。

自分の中に、無意識に「敵愾心」が宿っている。

試合のある武道または格闘技では気づくもなにも、

殺す位の気持ちで戦えと教えられるかもしれない。


防具を付けた剣道、グローブを付けたボクシング、顔面を殴らない空手、

投げに固執する柔道、パワーとスピードで型稽古する合気道も同様だ。


「敵愾心」というエゴを強化し、それをバネに技術を積み重ねていく。


その延長では、よっぽど実力差がなければチャンバラ、揉み合いになる。


だから、ルールやレフリーが必要なのだ。


真剣の前では、その技術の積み重ねでは如何に心もとないかを悟るに違いない。

その時に感じる恐怖を想像してもらいたい。

成新会合気道では、「敵愾心」を無くせ、、と教わる。

「円和」しろと教わる。

相手をやっつけよう思った瞬間にだいたい自分の体は傾いている。

どういう風に攻撃しようかと思った瞬間に相手はそれに抵抗する準備をしている。

「敵愾心」の無い相手と対峙した時、如何にこっちらの勢いがそがれるか、、

または、”あれ!?”、、と気持ちが乱れるか、、

そして「敵愾心」の無いやさしい顔をした相手が攻撃してきたとき、如何に恐怖を感じ、のけ反ってしまうか、、

たとえこちらが真剣を振りかざしていたとしても。

そういう感覚を一度経験してもらいたいものだ。

« 整体の先生とのセッション 第4弾 ⑨ | トップページ | 会社の女性社員ともうすぐ社長になられる方の施術 ⑩⑪ »

合気道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/40395278

この記事へのトラックバック一覧です: 敵愾心(てきがいしん):

« 整体の先生とのセッション 第4弾 ⑨ | トップページ | 会社の女性社員ともうすぐ社長になられる方の施術 ⑩⑪ »