2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 敵愾心(てきがいしん) | トップページ | お利口さんをほめない。 »

2011年6月16日 (木)

会社の女性社員ともうすぐ社長になられる方の施術 ⑩⑪

それぞれの方がそれぞれの状態でクラニオセイクラルバイオダイナミクスを求められてきました。

細かい症状はいろいろありますが、

共通的にいえる感じは、なんか気苦労でもがいている感じ。

疲れている。

ドンヨリした感じ。

施術中に話かけても、あまり反応はありません。

ひたすら、変性意識状態。

触ってくれとアピールしてくる場所があり、

女性社員の方は踵でした。

でも口頭で訴えられていた場所は背中、そして肩が痛いということでした。

でも体は踵を触ってもらいたいとうったえるような感じ。

もうすぐ社長になられる方は胸。第4チャクラの辺り。

触っていて他と違う質感がある。

触覚ではなく、なんかその部分をさわると寂しい感じ。

そんな感情が込み上げてくる。


なんだろう。。。気のせいか。

最近少しわかったことがある。

先に書いたように変性意識状態ということに関してだ。

違う表現でいうと、瞑想的な質感ということ。

決して1つのことに集中していない。

全体を感じて受け入れている。

寝ているような静かな状態だが、なんか覚醒している。

緊張集中ではなく、弛緩集中。


こういう状態でいると、

普段感じない微妙な感じが、とても敏感に感じられる。

そして何よりも気持ちがいい。

合気道も同じだろうと考えるようになった。

そういう意味での、無の境地や、観の目なのだろう。

そこを目指さない競技武道とは180度違う異質のものだ。


クラニオセイクラルバイオダイナミクスを施すと

合気道の感覚がよくなる。


合気道の稽古をすると、

クラニオセイクラルバイオダイナミクスの感覚もよくなる。


そう考えるのは僕だけだな、、きっと。


« 敵愾心(てきがいしん) | トップページ | お利口さんをほめない。 »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/40421924

この記事へのトラックバック一覧です: 会社の女性社員ともうすぐ社長になられる方の施術 ⑩⑪:

« 敵愾心(てきがいしん) | トップページ | お利口さんをほめない。 »