2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 浮の境地 | トップページ | 敵愾心(てきがいしん) »

2011年6月13日 (月)

整体の先生とのセッション 第4弾 ⑨

2週間ぶりのセッションとなる。

頭から、首、背中、踵の順番にすすめる。

東洋医学系の整体の先生なので、やはり、経絡をかなり意識して、

施術中にも感じようとしているようだ。

口からは、心の経絡が痛い、、とか、 脾の経絡を感じる、、とか、

とても興味深いことをおっしゃられる。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスは、リズムとしては、CRI、ミッドタイド、ロングタイド、、

の3種類をチューニングするトレーニングをする。

その感じる対象としては、液と組織とポーテンシーの3種類あると教わる。

液とは脳脊髄液などの体液、組織とは膜、骨、そしてポーテンシーとは生命の潜在力といういうことで

すなわち生命エネルギーのことである。 

当然、氣の通り道の経絡を感じることはありうることだ。

3つのリズム動きを、3つの対象に感じることが出来るのであれば、

計算上は3×3の9通りとなるが、でも、

ロングタイドは対象に依存しないハズなので、、、

実質は7通りを感じ分けることが可能ということになる。


今の私は、それらの7通りを律義に感じるように努めてはいない。

何となく自分の感性に合った対象とチューニングしやすいリズムで施術している。

その中の動きでアンバランスさを感じ、ポーテンシーにバランスを整えるようにお願いしていく。


今回の整体の先生も毎回感じるのであるが、エクサレーション層が弱く感じる、、。

それに対して、弱いエクサレーション層の最後の極で、もう少し時間が伸びるように、

そして、そこからスティルネスに入るようにお願いする。 


生命力に休息を促す。


クラニオセイクラルバイオダイナミクスでは、それを”CV4”と呼ぶ。


とても観念的、感覚的なやり取りだ。


でも、だから出来る。


これが、具体的な体の動きにそって、その動きのタイミングをはかって、

体に働きかける、、、所謂手先のテクニックだとしたら到底できない。 やれる気がしない。

繊細でとてもむずかしそうだ。。

習ったことはないが、アプレジャー系のバイオキネティクスではCRIの細かいリズムで

これを実践しているのだろうか。。。


合気道などの武道といっしょにするな、、と言われそうだが、、

技のテクニックをたくさん覚えても、その技術の角度、タイミング、力の入れ具合を気にしていたらキリがない。

こちらの観念的な、感覚的なもので、相手の体ではなく意識的なところ、感覚的なものを制御する。

それが、上手というものである。


話はもどして、、、


そういうポーテンシーに語りかけるだけでも、面白いことに動きは整っていく。


そして、気持ちよく、スッキリするとのこと。

以前、オステオパシーの有名な先生が日本にこられて講演を行った際、

クラニオセイクラルバイオダイナミクスはエネルギー療法ではない!

とおっしゃったそうだ。

翻って、私が習った女性の先生は、

人間は、エネルギー無しでは生きていけへんのに、

エネルギー療法で無いわけがない!!!

と関西弁をまくし立てて、のたまわれた。

そう言われれば、そうだ。。


でもそういう意味では、すべてがなんらかの意味でエネルギー療法だということになる。。

« 浮の境地 | トップページ | 敵愾心(てきがいしん) »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
合気道、IT、クラ二オで間違いないと思いコメントさせて頂きました。
お元気そうでなによりです。
ありがたく拝見させて頂いています。

ジム・ジェラスが、なぜエネルギー療法ではないと
言ったかは興味がありますね。
私もエネルギーワーク的に考えてはいるのですが
その事がスピ系と思われる、思ってしまう事に抵抗が
あってどこかでエネルギーワークという言葉に抵抗があるかもです。。
ほんとは、そんな事はどうでも良いんでしょうけどね^^;

精神や体もっと言えば魂に変化があれば
クライアントには何かしら良い事があるだろうから
それを信じて鍛錬していくしかないですよね。

また、お会いする日を楽しみにしています^^


いやー、、まさか気づいてもらえたなんて、、
うれしいとともに、すこし恥ずかしいです。
今月の終わりに多分お会いできるのではと思います。
その時またよろしくです。

実は1度飛ばしてしまったので
次のクラスにお世話になることになりました。。
なので上京するのは来年になります^^;
また、フィードバックをお願いする事も
あろうかと思います。
宜しくお願いします^^


是非ともよろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/40380809

この記事へのトラックバック一覧です: 整体の先生とのセッション 第4弾 ⑨:

« 浮の境地 | トップページ | 敵愾心(てきがいしん) »