2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 整体の先生(40歳くらい)の施術 ④ | トップページ | 合気道の仲間の施術 OL(20代半ば)⑥ »

2011年4月22日 (金)

整体の先生の施術 第2弾 ⑤

東洋医学系整体の先生との交換セッションの2回目を行いました。

見た感じ少しお疲れなご様子。

この数日いろいろと腹立たしいことがあったということです。

今日は全体的というよりも、

前回、喉から胸郭辺りに緊張が強かったので、

そこら辺に手を触れていくことにする。



その前に、忘れないうちにリソースを聞く。

リソースとはクライアントさんが心の拠り所としている

オアシスのようなもで、整体の先生はネコを選定。

これは、何かトラウマ的事象が出た場合の避難場所だ。

実際にはまだ使う場面に遭遇したことはないが、

クライアントが何か感情に巻き込まれたときに、

プラクティショナーはリソースの方に言葉で導いていくという手法を使う。

それは場合によってはトラウマの事象とリソースを何度も往復することから

シャトリングと表現もするし、

トラウマの事象を希薄化させて受け止められるようにする作業ということで、

タイトレーション(中和滴定)ともいうらしい。

いずれにしても、再トラウマ体験をさせるなどという過激な方法ではなく、

少しずつ慣れさせて、本人にトラウマを解釈させるようにする方法である。



さて、いつもとおり胸郭上口からスタート。

まず、右手を胸郭の上部に置いてみる。

やはり、動きがわるい。

5分くらいすると微かに筋膜の滑走が出てきて、

喉がいがらっぽくなったらしく、咳が出始める。

そして、左手を胸椎1番辺りに持っていきサンド状態に。

ただ、前回手を差し入れる行為が強く意図を感じたということ

でしたので、今日は少し首を上げてもらいゆっくりと確実に

目的の場所に置くようにした。

しばらくして、喉に差し掛かるように手を当ててほしいという要望が出る。

そこに何か感じることがあったのだろう。

そこから10分程サンド状態。その間スティルネスからホリスティックシフトへ。

その後、胸骨、横隔膜に移る。横隔膜は胸椎12番辺りとの左右掌のサンド。

背中の動きも初めはイビツだったが、ねじれている感があったようで、

動きたい方向に動いていいですかとの問いがあり、

どうぞどうぞと促し自分で姿勢を整えることで、ミッドタイドが整った感じになった。

これは、操体法と同じ原理ではないかとも想像する。

最後に両肩に移動してミッドタイドを感じ、約45分で終了。



瞑想好きの先生なので、このクラニオセイクラル・バイオダイナミクスの

施術で同じ感覚を味わってらっしゃるようだ。

胸も楽になり、とても活力が出てきたとのこと。



ありがとうございました。



« 整体の先生(40歳くらい)の施術 ④ | トップページ | 合気道の仲間の施術 OL(20代半ば)⑥ »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/39708036

この記事へのトラックバック一覧です: 整体の先生の施術 第2弾 ⑤:

« 整体の先生(40歳くらい)の施術 ④ | トップページ | 合気道の仲間の施術 OL(20代半ば)⑥ »