2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« N、Yさん(女性 40代)の施術③ | トップページ | 相手の打ち得ざるところを打つ »

2011年3月30日 (水)

NYさんの翌日状況

症状が変化したらしい。

表現としては、「こもった感じではなくハッキリと痛いです。」、、ということ。

昨日お伝えした通り、「こうすれば、、、こうなる、、」 という明確な法則性がある

というものでないので、

今の状況を、取り乱すことなく冷静に見続けるしかない。。。これもプロセスだ。

でも症状が強ければ、まずはやはり、病院に。。。

それこそ原因が明確で、対処も的確なものがあるかもしれない。



又聞きだが、有名なオステオパシーのドクターが日本公演での質疑応答で

「ブレス・オブ・ライフは、人を生かしもするが、殺しもする」 といったそうだ。

とてもその言葉に深遠さを感じた。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスを習うものは、ブレスオブライフを感じ

それに従い、クライアントをエンカレッジ(勇気づける)する。 

それが基本だ。



お薬をもらって、痛みを和らげたとしても、やはり治すのは本人の生命(治癒)力である。



アースマラソンの途中で、間カンペイを待ち受けていた喉頭がんのため芸能界を

突然引退した室谷信雄さんの印象にのこる言葉は、

「えーかー、治すのは自分、治すのは自分」 声にならない声で繰り返してた。



昨日、胃の付近が違和感があるといことで、

その付近に手を当てた。先入観という意図が働いた。

手を当てるだけでも、動きが活性化する。

活性化に対する反作用もあるかもしれない。

いわゆる患部に直接あてるという行為に対しての

思案の為所だと思いました。



« N、Yさん(女性 40代)の施術③ | トップページ | 相手の打ち得ざるところを打つ »

クラニオセイクラルバイオダイナミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480795/39419260

この記事へのトラックバック一覧です: NYさんの翌日状況:

« N、Yさん(女性 40代)の施術③ | トップページ | 相手の打ち得ざるところを打つ »